アフレル、国際ロボコン「WRO(World Robot Olympiad)」の日本決勝大会を特別共同開催協力として応援

NPO法人 WRO Japan (理事長:山口俊治)は、世界74の国と地域から6万人以上の小中高校生が参加する国際ロボコン「WRO(World Robot Olympiad)」の日本決勝大会を兵庫県西宮市に在る関西学院大学で2019年8月25日(日)に開催する。株式会社アフレルは、WRO Japan決勝大会の関西での初開催を特別共同開催協力として応援することを発表した。

「第16回 WRO Japan 決勝大会 in 西宮」は、2019年の全国大会に位置づけられており、全国41か所(予定)で開かれる公認地区予選会から選出された上位約130チームが一堂に会し競技会を行い、11月にハンガリーで開催される「WRO2019ハンガリー国際大会」の日本代表チームを選出する場でもある。

本大会には、全国から約2,000チーム、6,000人の児童・生徒・学生の参加申し込みが見込まれている。

「第16回 WRO Japan 決勝大会 in 西宮」開催概要

WROとは

WRO (World Robot Olympiad)とは、世界74以上の国と地域から60,000人を超える小中高校生が参加する自律型ロボットの国際的なコンテスト。

子どもたちがロボットを製作し、プログラムにより自動制御する技術を競うコンテストで、市販ロボットキットを利用することで、参加しやすく科学技術を身近に体験できる場を提供するとともに、国際交流も行われる。

大会名称

第16回WRO Japan決勝大会 in 西宮

開催日

2019年8月25日(日)

会場

関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス 総合体育館(兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155)

競技種目

レギュラーカテゴリー (エキスパート、ミドル)、オープンカテゴリー

WRO2018タイ国際大会の様子