アクサダイレクト生命保険、「第6回子どものおけいこ事に関する調査」結果を公開。プログラミング必修化の知名度は70%超

AXAグループのアクサダイレクト生命保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:斎藤英明、以下「アクサダイレクト生命」)は、2013年から継続して行っている、0~9歳児の母親に対する「子どものおけいこ事に関する調査」の第6回目を実施し、調査結果を発表した。

「子どものおけいこ事に関する調査」調査結果概要

おけいこ事をさせている母親の割合・おけいこ事の数および費用は減少傾向に

0~9歳の子どもを持つ母親の半数以上が、子どもに何かしらのおけいこ事をさせているものの、その割合は第4回(2017年2月)をピークに減少に転じている。

本調査を始めた第1回(2013年10月)は、8%への消費増税を控えた時期であり、以来幾度となく延期されてきた10%への消費増税が現実味を帯び始めた第5回(2018年2月)あたりから減少傾向へ転じたものと考えられる。

また、習わせているおけいこ事の数は「1つ」が第1回調査から7.0ポイント上昇している一方、「2つ」「3つ」についてはそれぞれ2.6ポイント下落、4.0ポイント下落と、おけいこ事の数を絞り込む傾向となっている。平均のおけいこ事数も微減。

おけいこ費用の世帯年収に占める割合(おけいこ事にかかる1ヶ月の平均費用12,819円に12を乗じ、本調査対象の家庭の世帯年収の平均金額5,886,538円で除して算出)は2.6%となり、第1回から継続して減少している。

消費増税、幼児教育・保育無償化の影響調査:無償化の対象有無によっておけいこ費調整に明暗

2019年10月から、10%への消費増税と同時に、幼児教育・保育の無償化(以下「幼保無償化」)が決定しているが、これによるおけいこ費用の調整が発生するか調査した。

幼保無償化の対象となる幼稚園・保育園家庭(以下「幼保家庭」)、幼保無償化対象外の小学生家庭の両方とも、消費増税および幼保無償化には影響されず、おけいこ費は「調整しない」との回答が最多。

ただ、おけいこ費を「増やす」の回答割合は、幼保無償化の対象となる幼保家庭(19.8%)が、幼保無償化対象外の小学生家庭(8.3%)の2倍以上となった。幼保無償化がおけいこ費削減のシビアな状況を和らげると考えられる。

逆におけいこ費を「減らす」の回答割合は、小学生家庭(10.3%)は幼保家庭(5.0%)の約2倍となっている。

おけいこ費を「減らす」と回答した家庭について、具体的な削減方法をみてみると、幼保無償化対象外の小学生家庭は「おけいこ事の数を減らす」「おけいこ事の回数を減らす」が幼保家庭と比較し2倍以上あり、おけいこ事の抜本的な見直しに着手する意向であることが伺える。

おけいこ費捻出のために「自分がパートに出る」母親が増加。「保険の見直し」も増加に一転

子どもにおけいこ事をさせる上での一番の悩みは「費用がかさむ」(59.3%)。上記の消費増税に伴うおけいこ費調整意向を裏づけているといえそうな結果である。

おけいこ費捻出のために工夫していることは「食費の切り詰め」(33.8%)が依然1位。「自分がパートに出る」(19.0%)は第1回調査から増加傾向にあり、世情を反映しているといえるであろう。また、一度見直すと効果が持続するといわれる固定費の見直しについては、「通信費の見直し」(17.7%)がここ数年増加傾向にあるほか、「保険の見直し」(8.4%)も今回増加に転じた。

人気のおけいこ事、今後習わせたいおけいこ事は共に水泳が1位。プログラミングも利用意向上昇

水泳が不動の人気であり、現在習わせているおけいこ事、今後習わせたいおけいこ事、共に第1回から今回まで毎回1位にランクインしている。

今後習わせたいおけいこ事のうち、「プログラミング」が過去3年間で上昇。小学校の学習指導要領が改訂され、2020年度から英語とプログラミングの授業が必修化されることが決定しており、その影響と考えられる。

小学校の新学習指導要領(2020年度から英語とプログラミングの授業が必修化)についてのまとめ

小学校授業における英語とプログラミングの必修化についての認知度は、英語は92.0%(詳細まで知っている・なんとなく見聞きしたことがあるの合計)、プログラミングは71.7%(同)となった。両教科とも必修化についての高い関心が伺える。

英語とプログラミングの必修化については、英語は43.8%の母親が「今回の必修化を歓迎」している。一方プログラミングは「どんな授業内容になるのか興味がある」(37.9%)「宿題が出た場合に自分が見てあげられるか自信がない」(27.5%)「国語や算数などの基本教科と比べてどの程度大事な授業になるのかわからない」(21.8%)といった回答が英語を上回っており、プログラミング授業に対する期待と不安が入り混じっている様子が浮かび上がる。

「第6回 子どものおけいこ事に関する調査」調査概要

調査方法

インターネット調査

調査時期

2019年3月7日~3月8日

調査対象

0~9歳までの子どもを持つ25~44歳の母親2,080人

実施機関

株式会社マクロミル