オトナルとキカガク、AI技術を学びながらE資格を取得できるインターンシッププログラム 「Deep Learning Internship Program」を開始

音声UX/UIサービスおよび関連するAIの開発を行う株式会社オトナルと機械学習の教育およびコンサルティング事業を行う株式会社キカガクは2019年3月26日より、新大学院生向けに機械学習やディープラーニングなど最先端のAI技術を学びながら専門資格の取得、実務での実践に挑戦できる画期的なインターンシップ・プログラム「ディープラーニングインターンシッププログラム」を開始した。

「Deep Learning Internship Program」概要

プログラム内容は、コンピュータサイエンスを専攻もしくは機械学習を研究で利用する学生を対象に、一般社団法人ディープラーニング協会が展開するディープラーニングを実装できるエンジニア育成を目的とした検定資格「JDLA Deep Learning for ENGINEER(以下、E資格)」を取得するための認定プログラムの受講機会、資格試験の受験機会を提供、また並行してオトナルのインターンシップ生としてディープラーニングを活用したサービスの企画や開発の実務を行う実践の場を提供するもの。

E資格について

E資格は一般社団法人ディープラーニング協会がディープラーニングに関する知識を有し、適切な手法を選択し実装できる能力を持つ人材の育成を目指し、必要な知識やスキルセットを定義し資格試験を行うとともに、協会が認定した事業者がトレーニングを提供するもの。

内容

このディープラーニングインターンシッププログラムではオトナルとキカガクが特別提携を行い、E資格受験に必要な、ハンズオンセミナーの受講料(通常価格10万円)、E資格受験料(通常20万円)を両社が全額負担、インターンシップ生は無料で検定に挑戦することができる。

本プログラムの採用枠は3名とし、優秀なディープラーニングエンジニアの育成と採用を目的に実施する。

募集条件

  • コンピュータサイエンスを専攻もしくは機械学習を研究で利用する学生
  • 2019年4月から大学院へ進学する大学生
  • 2019年4月~2020年3月の1年間就業可能な人

募集期間

3月26日(火)~4月12日(金)まで