インテージホールディングスと滋賀大学、産学連携に関する基本協定を締結

株式会社インテージホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮首 賢治)は、国立大学法人滋賀大学(所在地:滋賀県彦根市、学長:位田 隆一)と3月25日、データサイエンス分野の人材育成および産学連携教育の推進を目的とした連携に関し、基本協定を締結したことを発表した。

滋賀大学とインテージホールディングスの連携の背景

滋賀大学は2017年4月、国内初のデータサイエンス学部を開設。ビッグデータを処理・分析し、そこから新たな価値を生みだすことのできる人材育成を推進している。

同学部では4月、設立後初となるゼミが始まる。そこでインテージホールディングスは、まずは同学部河本ゼミと連携し、これまでに得た知見を基に、ビジネス上で企業が抱える課題の事例や各種データを提供。

また、データサイエンティストの社員を講師として派遣し、学生がリアルな課題に触れ、データを分析し、解決策を模索することで、ビジネスに直結するデータサイエンスを実践的に深く学ぶ機会を創出する。

これらの連携・協力により、企業課題の解決に貢献できるデータサイエンティストの育成に取り組んでいく。

さらに、今後はインテージグループ各社が保有する多種多様なデータ設計ノウハウやデータ活用の知見を活かし、育成カリキュラムの共同作成などを通じて、日本型PBLを推進。併せて、データサイエンスセミナーの開催や人材交流を通じた共同研究により、新しいビジネスの創出を目指していく。