町田こばと幼稚園、国際バカロレア(IB) プライマリーイヤーズプログラム(PYP)に認定

2019年3月18日、「町田こばと幼稚園」は、その優れた幼児教育プログラムが認められ、国際バカロレア(IB) プライマリーイヤーズプログラム(PYP)に認定されたことを発表した。

IB PYP認定は、国内の学校教育法第一条に該当する学校で3園目、東京都では初の認定となる。

町田こばと幼稚園の、IB PYP認定の背景

1966年創立、50年以上にわたり幼児教育・保育に携わる学校法人神蔵学園が運営する「町田こばと幼稚園」(本園舎:東京都町田市、園長:神蔵聖子)は、設立当初より、<「多様な経験」を通して、未来を「生き抜く力」を育むこと>を理念とし、地域の教育活動に貢献してきた。

町田こばと幼稚園は、現代の子ども達の将来を考えた時、未来を託す教育も、今までの知識蓄積、習得のみに留まらず、自らの力で考え実践できるよう、広い視野を持って一日本人としてだけでなく、世界人、地球人として グローバルな視野を持つものでなくてはならないと考え、早くより国際バカロレアに着目。

IBの理念、教育課程の枠組みと園の幼児教育の方向性の多くの部分が重なっていることを鑑み、PYP認定に向けて、さらなるカリキュラムの改善、教職員の育成などに取り組んできた。

今回の認定を受け、町田こばと幼稚園では、より一層子ども達主体の学びを設計し、一人一人の成長過程をご家庭と共有し、多様な文化の理解と尊重の精神を通じて、より良い、より平和な世界を築くことに貢献する、 探究心、知識、思いやりに富んだ若者の育成を目指していく。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録