「イーオンデジタルプロジェクトAEON DX」、第1弾として「イーオン・ネット・キャンパスアプリ」を提供開始

英会話教室を運営するイーオン、KDDI、およびKDDIデジタルデザインは、教育とICTを組み合わせた「EdTech」を推進する「イーオンデジタルプロジェクトAEON DX」(以下 「AEON DX」)を始動。

その第一弾として、スマートフォンなどで利用可能なイーオン生徒向けの自宅学習サポート無料アプリ「イーオン・ネット・キャンパスアプリ」を2019年3月31日より提供開始することを発表した。

「イーオン・ネット・キャンパスアプリ」導入の背景

「AEON DX」では、ビッグデータとアナリティクス技術を活用し、「生徒の上達に向けた学習効率の最大化」「英語学習を快適に行える場の提供」のさらなる推進を目指している。

現在、生徒の学習状況(自習やレッスン習熟度)と、英会話力の可視化を実現するため、データ収集、およびデータに基づいた最適な学習アドバイスを行うためのパイロット検証を進めており、改めて自宅での予習・復習が生徒にとって重要であることが浮き彫りになった。

この課題解決に向けた「AEON DX」の第1弾として、「イーオン・ネット・キャンパスアプリ」を導入する。

「イーオン・ネット・キャンパスアプリ」の特徴

「イーオン・ネット・キャンパスアプリ」は、生徒専用の自宅学習サポートサイト「イーオン・ネット・キャンパス」のコンテンツの一部をスマートフォンなどで利用できるようにしたもの。

生徒の学習ログを解析することで、生徒ごとの理解度や課題を明確にし、これらの情報を教師にフィードバック。

生徒の上達度が可視化され、教師が生徒それぞれに最適な学習方法を提案可能となることで、生徒の英語学習に対するモチベーション向上に繋げていくことができる。

また、これまで冊子やブラウザ上で行っていた自宅学習を、ログインなしでオフラインでも利用可能なアプリとして提供することで、生徒の利便性を向上させ、移動中やすきま時間などに英語に触れる時間を増やし、英会話上達のさらなる促進をサポートしていく。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。