「N高等学校 平成30年度 卒業式」を3月20日に挙行、開校第1期生をはじめとした1593名が卒業

学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」は、3月20日(水)、TFTホール(東京都江東区有明)において、「N高等学校 平成30年度 卒業式」を行った。2016年4月の開校年に新入学した第1期生と転編入した生徒合わせた1593名が2019年3月に卒業した。

卒業式は会場の様子をニコニコ生放送で生配信する「ネット卒業式」として行われ、当日会場に来れない生徒も視聴やコメント投稿を通して出席した。

2016年4月、KADOKAWAとドワンゴの経営統合で誕生したカドカワ株式会社が設立の母体となり、学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」が開校。コンピューターとインターネットを使って生徒一人ひとりに最適化された教育を実現するために、通信制高校の制度を活用してネットで学習する“ネットの高校”として設立された。

N高等学校卒業式の流れ

一人ひとりの個性を大切にしているN高では、卒業式の中で生徒それぞれに異なるメッセージ添えた卒業証書が授与された。

授与の際はステージに設置された大型LEDディスプレイに生徒のコメントを表示し、ニコニコ生放送で参加している卒業生や在校生からのお祝いのメッセージが映し出され、“ネットの高校”らしい演出で授与式が行われた。

また、N高には全都道府県や海外にも生徒がおり、当日会場に参列できない卒業生や在校生はニコニコ生放送で生配信の「ネット卒業式」の視聴やコメントを通して出席した。

会場に来られないネット参加の卒業生を代表して、遠隔操作ロボット「ANA AVATAR」による証書授与が行われた。時間や場所に縛られずに学習できるN高の利点を活用し、アメリカに留学中の生徒がロボットを操作し、卒業証書を授与された。

卒業証書授与の後は、奥平博一校長の式辞、山中伸一理事長の祝辞、来賓の伊吹文明氏(元文部科学大臣、第74代 衆議院議長)からの祝辞と続き、VTRで山中伸弥教授(ノーベル生理学・医学賞受賞、京都大学 iPS細胞研究所 所長)からの祝辞、そして学校関係者や本校のある沖縄県うるま市の多くの人々からもお祝いメッセージが贈られた。

特別表彰 受賞者

2018年度卒業生の中から、在学中に目覚ましい活動や成果を納めた生徒8名の特別表彰が行われ、トロフィーが授与された。

鈴木颯人さん、山田陽大さん

N高起業部第1期生で起業第1号として「株式会社Easy Go」を創業し、アプリサービス「erabee」を開発・ローンチ

白鳥優季さん

東京から鹿児島県長島町に移住し、高校のない自治体でN高が支援する教育拠点「長島大陸Nセンター」で学習しつつ、水産業や農業に従事し、地域活性化に貢献

相原翼さん

N高サッカー部(現eスポーツ部)。第18回アジア競技大会ジャカルタ・パレンバン「ウイニングイレブン 2018」eスポーツ 金メダリスト

清水郁実さん

第30回国際情報オリンピック 銅メダル、第12回アジア太平洋情報オリンピック 銅賞など、プログラミング分野で活躍

冨樫真凜さん

海外大学国際教育プログラムを活用し、スタンフォード大学やオックスフォード大学のサマープログラムに参加するなど、N高のプログラムを最大限に活用し、積極的に行動

足立素音さん

2017年度未踏ジュニアに採択。IT企業へのインターンシップや文化祭の実行委員として活躍

竹内けいさん(卒業式は欠席)

最高齢のN高卒業生。今後は大学に進学するなど、年齢にとらわれることない飽くなき向学心が在校生の手本に

特別表彰が終わったところで、急遽生中継がつながり、DA PUMPがサプライズ出演。リーダー&ボーカルのISSAさんはN高の本校がある沖縄県出身という縁もあり、お祝いメッセージのほか生徒からの質問にも答え、これから社会に巣立っていく卒業生たちにエールを贈った。

その後、在校生代表が送辞を送り、卒業生代表が答辞を読んだ。

最後は校歌斉唱をし、全卒業生1593名の氏名とともに思い出のシーンや各キャンパス教職員からのメッセージを添えたエンドロールVTRで「N高等学校 平成30年度 卒業式」を締めくくった。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。