BenQ、教育機関向けにGoogleの「Jamboard」を割引価格で取り扱い開始

ベンキュージャパン株式会社(本社:東京都港区)は、2019年3月18日(月)より国内総代理店としてGoogleがクラウド向けに開発したコラボレーション用デジタルホワイトボード「Jamboard」の教育機関向け割引価格での取扱いを開始した。

「Jamboard」教育機関向け割引価格の内容

日本でのG Suite(TM) for Education利用者は、本体価格640,000円と、ソフトウェアライセンス価格77,000円(永続型、いずれも税別)で「Jamboard」を購入することができる。※この内容には付属品の壁掛け用マウント(キャスター付きスタンドは別売り)、タッチペン(2本)、消しゴム(1個)も含む

BenQでは2017年5月の米国発売を筆頭に、カナダ、英国、デンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、オランダ、フランス、スペイン、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、日本で「Jamboard」を取り扱っている。

日本国内においては、2018年8月より、「Jamboard」を販売するGoogle Cloud(TM)パートナーのサポート、チャネルマーケティング、サービス&サポート、ロジスティックス、製品サポートサービスを提供している。

製品内容 定価 市場想定売価(税別)

「Jamboard」本体 標準価格               ¥640,000

「Jamboard」専用ローリングスタンド 標準価格      ¥173,000

「Jamboard」ソフトウェアライセンス&サポート 標準価格 ¥77,000

  • 「Jamboard」本体カラーは2色(カーマイン レッド、 グラファイト グレー)
  • G Suite for education ライセンス、配送料・搬入設置費などの費用が別途必要