屋外型キッズテーマパーク「レゴランド・ジャパン」、プログラミングを学ぶワークショップ『レゴランド・ラボ』を4月8日にオープン

家族で一日楽しめる屋外型キッズテーマパーク「レゴランド・ジャパン」は、2019年4月8日(月)より、レゴブロックを使った「レゴランド・ジャパン」のオリジナル教材でプログラミングを学ぶワークショップ『レゴランド・ラボ』をブリックトピアエリアに新オープンすることを発表した。

『レゴランド・ラボ』とは

『レゴランド・ラボ』は、「創造力を刺激して、自分のイメージを形にし、発信する場と機会を提供する」をコンセプトに、子どものプログラミング的思考を育むためのワークショッププログラム。

受講生は、完全オリジナルのレゴモデル制作や操作の実験に加えて、受講者限定で行われるレゴモデル発表会やコンテストに参加することができる。

『レゴランド・ラボ』では、乗り物や動物など12種類以上の基礎モデルから1つを選び、オリジナルレゴモデルを制作する。

制作したレゴモデルに名前や説明を加え、ラボ特製オリジナルポートフォリオに記録。それぞれのレベルに応じたプログラムを用意しており、どの子どもでも楽しみながら“学ぶ”ことができる。

また、3月15日(金)より、『レゴランド・ラボ』を事前に受講できる体験会を実施(年間パスポートの提示が必要)。クリエイティブ・ワークショップで当日予約をすると参加できる。

『レゴランド・ラボ』概要

開始日

2019年4月8日(月)

チケット料金

¥15,000(5回受講)/¥10,000(3回受講)※税込

クラス定員

平日 8名/1日1回、土日祝 16名/1日4回

参加資格

新年間パスポート(プレミアム・スタンダードのみ)、旧年間パスポート(年間パスポート・リゾート年間パスポート)をお持ちの方で小学生以上(おとなも参加可能)

参加方法

専用WEBページ、メール、専用窓口のいずれかで予約

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。