プラススタイル、スマホでプログラミング可能なIoT電子工作ボード「obniz」スターターセットを販売開始

見たことのない”ミライ”の商品が集まるIoTショールーム「+Style」(プラススタイル)は、スマホで簡単にプログラミング可能なIoT電子工作ボード「obniz」(オブナイズ)に、各種モジュールを同梱した「obniz IoT ホームキット」「obniz AI ロボットキット」(出品者・メーカー:CambrianRobotics)の販売を3月4日より開始する。

obniz AI ロボットキットobniz IoT ホームキットは、2018年7月に発売した電子工作ボード「obniz」に、連携可能なモジュールを同梱したスターターセット。

「obniz」は、Wi-Fiに接続するとディスプレーにQRコードを表示し、それを読み取ることでWebページに遷移。

これにより、Web上で簡単にプログラムの作成・編集が可能になる。

スマートフォンさえあれば、IoTデバイスを動かすプログラミングを簡単に行えるため、プログラミング未経験者でも気軽に試すことができる。

obniz AI ロボットキットは、スマートフォンと組み合わせて動く自動車ロボットを作成できるキット。タイヤや距離センサーなどを同梱しており、物体を認識して障害物を避けるほか、Google Home連携による電源ON/OFFが可能な自動車ロボットを、簡単に制作できる。

obniz IoT ホームキットは、自宅を簡単に手作りでスマートホーム化できるキット。赤外線センサーや距離センサー、サーボモーターなどを同梱しており、人を感知するとスマートフォンに通知できるほか、外出先からエアコンをONにするといったスマートホームを、自分の手で簡単に実現できる。

「obniz AI ロボットキット」参考画像

「obniz IoT ホームキット」参考画像

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。