CA Tech Kids、帝塚山小学校で「QUREO」を活用したプログラミング作品発表会を2月26日に開催

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋)の連結子会社で、小学生向けプログラミング教育事業を行う株式会社CA Tech Kids(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上野朝大)は、2018年6月より9ヵ月にわたって取り組んできた帝塚山小学校4年生を対象としたプログラミング学習について、その最終授業として生徒の作品発表会を2019年2月26日(火)に実施することを発表した。

CA Tech Kidsと帝塚山小学校は、同校4年生全児童78名を対象に、2018年6月から2019年2月まで9ヵ月間にわたり、オンラインプログラミング学習サービス「QUREO」(キュレオ)を用いたプログラミング学習に取り組んできた。

生徒の自学自習をメインとする「反転学習」の形式をとり、授業では一人一人の学習進捗や習熟度に応じたサポートをすることによって、生徒の自主的な学びを支援。

実際に、生徒は夏休みなどの長期休暇や、休み時間、放課後などの時間を用いて「QUREO」に搭載されたレッスンに各自で取り組み、条件分岐、正負の数、等号不等号、座標などのプログラミングの基礎概念について各々のペースで理解、習得した。月に1、2度実施する授業では、「QUREO」の成績機能を活用し、生徒の学習進捗と習熟度を把握しながら、CA Tech Kidsスタッフのサポートのもと、帝塚山小学校教員による指導を行った。

2月26日(火)に実施する最終授業では、9ヵ月の学習から得た学びを活かし生徒自身が開発したオリジナルのプログラミング作品の発表および体験会を行うほか、生徒たちの学習成果を示す成績集計データを公開する。

CA Tech Kidsは、今後も「QUREO」を用いたプログラミング学習支援活動に力を注いでいく。

帝塚山小学校プログラミング学習 最終発表授業 実施概要

日時

2019年2月26日(火)13:20~14:00、14:05~14:45(同じ内容を2クラスそれぞれ実施)※各開始時間は状況によって変動する可能性あり

会場

帝塚山小学校

内容

  • 生徒のプログラミング作品体験会、選ばれた生徒による作品発表
  • 生徒たちの学習成果を示す成績集計データの公開
  • 生徒、教職員よりプログラミング授業の感想や手応えについて

帝塚山小学校 プログラミング教育実施概要

期間

2018年6月~2019年2月

概要

オンラインプログラミング学習サービス「QUREO」を用いたプログラミング反転授業。長期休暇や昼休み、放課後を活用した生徒自身による自主学習をメインに、全12回(17コマ)の授業を行い各自の学習サポートを実施。

対象

帝塚山小学校 4年生全児童 78名

目標

入出力、順次実行、繰り返し、条件分岐、初期化、角度、正負の数、等号不等号、座標の知識を理解・習得・応用的に活用し、自らの力で作品を開発することができるようになること。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。