カシオ計算機、ICT教育を支援する水銀フリープロジェクターを6月に発売

カシオ計算機のワンクリックで簡単に無線投映できる水銀フリープロジェクター

カシオ計算機は、4000ルーメンの明るさとWUXGAの高解像度に加え、パソコンからワンクリックでプロジェクターに無線投映できる、水銀フリープロジェクターのハイグレードモデル『XJ-S400UN』を6月に発売する。

『XJ-S400UN』は、ICT活用が進む教育現場の使いやすさを考え、9つのエデュケーショナル・ソリューション機能(ES機能)を搭載。

簡単に無線投映ができる「ワンクリックコネクション」、最大40端末からの投映を一括管理する「モデレーター機能」、パソコンのある教壇にいちいち戻ることなく手元のスマートデバイスから資料の切り替え等が行える「PCリモート」など、学校はもちろん、会社での会議やプレゼンでも活用できる。

ハード面では1.7倍光学ズームを搭載し、内部をブロック化した新しい冷却構造によりノイズの抑制と高い防塵性能を実現した。また、同社独自のレーザー&LEDハイブリッド光源を発展させた「R-Hybrid(アールハイブリッド)光源」を採用。

青色レーザーを赤に変換し、赤色LEDを補完することで、4000ルーメンの高輝度を実現しながら本体の小型化を図っている。

高圧水銀ランプを使わないため、ランプ交換不要で省電力、最短5秒で最高輝度に達し、使用後も待ち時間なく電源を落とせるクイックオン&オフなどの特長は、従来機種より継続している。

XJ-S4000の主な特徴

簡単、スピーディーに無線投映できる「ワンクリックコネクション」

パソコンに専用ソフト「C-Connection(シーコネクション)」をインストールし、ワンクリックコネクションファイルをダウンロードしておけば、以降はこのファイルを開くだけで無線投映が可能。ケーブル接続や無線設定に時間を費やすことなく、すぐに授業やプレゼンを始めることができる。さらに、パソコンとプロジェクターをつなぐケーブルが不要なので、教室のレイアウト変更もスムーズに行うことができる。

複数端末からの投映を一括管理する「モデレーター機能」

最大40端末(タブレットやスマートフォン等のスマートデバイス含む)がプロジェクターに同時接続可能。どの端末の画面を投映するかはモデレーター(司会者)機能を使って選ぶ。一度に最大4画面を並べて投映できるので、意見の比較・検討に役立つ。

手元のスマートデバイスから遠隔操作できる「リモート機能」

パソコンの画面をスマートデバイスにミラー表示する「PCリモート(※パソコンにC-Connection、スマートデバイスにMirrorOp Receiverアプリのインストールが必要)」を使って、室内のどこからでも資料の切り替えやページめくりが可能。パソコンのある場所に縛られず、生徒に寄り添った授業ができる。「プロジェクターリモート」でプロジェクターの遠隔操作も可能。

接続を解除すると自動で消灯する「オートプロジェクションオフ」

無線接続でも有線接続でも、投映中の機器からの入力信号が途切れると、数秒後に自動で投映ライトを消灯。手動で本体電源をオン・オフする手間が省ける。20分以内に再接続すればすぐにまた投映可能。

その他のES機能

  • ケーブル接続後にプロジェクターの電源を入れると、入力信号を自動検索して投映を開始する「自動入力サーチ」
  • 画面中央にタイマーを大きく表示し、テストや課題の残り時間表示に便利な「カウントダウンタイマー」
  • 罫線や格子など、ホワイトボードや黒板の下地として利用可能な9種類の「テンプレート」(ネットワーク対応モデルはオリジナル画像の登録も可能)
  • 左右を反転させて投映し、動きやフォームを指導するのに便利な「ミラーモード」

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。