サイバネット、STEM教育支援環境「MapleCLASS」に対応した『線形代数学』向け補助教材の無償配布開始

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明)は、サイバネットが販売するSTEM授業向けオンライン教育支援パッケージ「MapleCLASS(メイプルクラス)」で利用できる教育コンテンツを拡充し、北海道大学 大学院理学研究院 数学部門 行木孝夫准教授の「線形代数学」公開資料をベースにした対話型教材・オンライン演習/テスト用問題・問題実装仕様書をセットにした教材の無償提供を、2019年2月より開始する。

MapleCLASSは、サイバネットのグループ会社であるMaplesoft 社(本社:カナダ オンタリオ州)が開発するSTEMコンピューティング・プラットフォーム「Maple(メイプル)」と、DigitalEd 社(本社:カナダ オンタリオ州)が開発するSTEM系オンラインテスト・自動評価システム「Möbius Assessment(メビウスアセスメント)」を組み合わせたSTEM授業向けオンライン教育支援パッケージ。

MapleCLASSを利用した教育コンテンツ・セットの内容

対話型教材(Mapleワークブック)

Mapleの数式処理、 数値計算、 および可視化機能を利用して、 数学的概念の直感的な理解を支援する教材。

オンライン演習・テスト用問題(Möbius Assessment問題)

数式や数値で入力された解答の正誤を自動評価する。 また、 問題パラメータを乱数化して類型問題を自動生成することが可能。 学習者は、 PC、 タブレット端末、 スマートフォンなどからクラウドにアクセスして、 時間や場所を選ばず演習課題に取り組むことができる。

問題実装仕様書(Mapleワークブック)

解答の実装ルーチンおよびMapleによる検証ルーチンを記述した仕様書。 これらを参照することで、 問題のカスタマイズが容易に行うことができる。

MapleCLASS用補助教材『線形代数学』セット 概要

北海道大学 大学院理学研究院 数学部門 行木孝夫准教授による、数学および情報学分野における教育・研究活動の過程で得られた経験を活かした以下のコンテンツ:

  • 「線形代数学」における行列・ベクトル入門に関するMapleワークブック
  • 線形代数学の主要トピックで整理されたオンライン問題群 合計157問
  • 主要な問題の実装仕様書

ユーザはこれらをそのまま授業で使用することができ、また、任意にカスタマイズして使用することも可能。

北海道大学 行木孝夫准教授のコメント

大学の一般教育課程の講義形式授業の中で演習量を確保することは容易ではありません。2014年に文科系1年生向けの微分積分学の授業でMaple T.A.(Möbius Assessmentの旧名称)を試用したところ、良好な手応えを感じました。本システムの課題は日本語での問題を充実させることだと考えておりましたので、教育・研究活動の一環としてデジタルエドの提供する英語問題から和訳を提供しました。また、1年生前期の線形代数学の授業で用いた行列演算の入門としての資料を提供し、数式処理システムとの組み合わせによるインタラクティブな参考資料を実現しました。これらを出発点として、さらに多様なeLearningコンテンツが現れ、大学における数学教育が講義との両輪で発展することを期待します。


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。