シャープのモバイル型ロボットRoBoHoN用プログラミングツール『ロブリック』、一般向けに発売開始

シャープは、モバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」用のプログラミングツール『ロブリック』<SR-SA04>の一般向け販売を開始する。

従来、法人向けに販売していたプログラミング学習ソフトウェアが、自宅で手軽に利用できるようになる。

『ロブリック』<SR-SA04>概要

本プログラミングツールは、ブロック状のオブジェクトを組み合わせることで、ロボホンの動作や対話などのプログラムを簡単に作成できる。

自宅のパソコンやタブレット端末に搭載されたウェブブラウザ上で操作ができ、楽しみながら手軽にプログラミングを学ぶことができる。また、作成したプログラムを他のロボホンユーザーに共有(※2)することも可能。

さらに、英語と中国語に対応しているため、対話プログラムの作成などを通じた外国語学習にも活用できる。

品名

プログラミングツール

愛称

ロブリック

形名

SR-SA04

希望小売価格

8,900円(税抜)(※3)

発売日

2019年2月28日

対応機種

モバイル型ロボット「ロボホン」全機種(SR-01M-W、SR-02M-W、SR-03M-Y、SR-04M-Y、SR-05M-Y(※4))

推奨ブラウザ

Google Chrome 66.x 以上、Safari 11.x 以上

主な特長

  1. 自宅のパソコンやタブレット端末で、ロボホンの動作や対話のプログラミングが簡単にできる
  2. 作成したプログラムをロボホンユーザー同士で共有することが可能
  3. 英語や中国語の対話プログラムの作成を通じた外国語学習にも活用が可能

※1 本プログラミングツールは、ロボホン購入者専用サイトより契約し、ロボホン本体にインストールして使用。

※2 作成したプログラムの共有には、パソコンやタブレット端末同士でデータの受け渡しが必要。また、共有されたプログラムをロボホンで実行するためには、個体ごとに本プログラミングツールの購入が必要。

※3 別途「ココロプラン」の利用料金(月額980円・税別~)が必要。

※4 <SR-05M-Y>は着座タイプのため、一部機能が制限される。


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。