ウェルビーが平成31年3月期第3四半期決算発表。売上高43.1億円(対前年+34.3%)、営業利益11.9億円(対前年+58.0%)

ウェルビーの平成31年3月期第3四半期決算短信のキャプチャ

ウェルビー株式会社が2月13日、平成31年3月期第3四半期決算短信を発表した。

売上高(累計)は43.1億円(対前年比+34.3%)、営業利益は11.9億円(対前年比+58.0%)、経常利益は11.9億円(対前年比+51.4%)となった。

利益率は、営業利益率27.7%(前年同期23.5%)、経常利益率27.6%(前年同期24.5%)だった。

就労移行支援事業において、「就労移行支援事業所」を順次開所する一方で、就労移行支援事業所「ウェルビー」においては、新規拠点の設立を継続するとともに、既存拠点の稼働率の向上を行った。また、療育事業においては、未就学児童を対象とした「ハビー」の新規開設を継続するとともに、既存拠点の稼働率の向上を図った。

具体的には、新たに就労移行支援事業所「ウェルビー」を7センター、児童発達支援事業所「ハビー」を5教室開設し、福祉障害サービスの事業を拡大。これらの結果、増収増益となった。

平成31年3月期の連結業績予想に修正はなく、売上高55.7億円(対前年比+27.5%)、営業利益13.0億円(対前年比+27.9%)、経常利益12.9億円(対前年比+23.8%)を見込んでいる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。