ベネッセの小中高生向け通信講座「進研ゼミ」、2019年4月号教材から英語4技能を学ぶ12段階習熟度別トレーニングを導入

株式会社ベネッセホールディングスの子会社である株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、代表取締役:小林仁)が展開する小中高生向け通信講座「進研ゼミ」は、2019年4月号教材から、全学年横断型英語教材「12段階習熟度別トレーニング(Challenge English)」 以下:習熟度別トレーニング を導入する。

「12段階習熟度別トレーニング(Challenge English)」の特徴

本教材の特長は、「聞く・読む・話す・書く」の”4技能スパイラル“学習である。

メインの「デジタルレッスン」では、「聞いたことを話す」「読んだことを書く」のように全ての技能をスパイラルさせながら4技能をバランスよく学ぶことができる。

また、特に日本人が苦手な「話す」技能については、全レベルの学習で必ず「話す」学習が組み込まれており、無理なく力を伸ばすことができる。さらに、英語検定試験対策も充実。試験の傾向などに合わせた学習ができ、CEFR B2レベル(英検準1級/GTEC1,190点)まで得点力を高めることができる。

実践的に「話す」学習に取り組みたい人向けには、オンラインで外国人講師と話せる「マンツーマントーク」も提供していく(有料オプション)。この教材では、英語で自分の考えを伝えるために必要な「話す内容の組み立て方・伝え方」を学ぶことができる。


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。