学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校、リモートワーク雇用制度を導入

学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)は、教員の働き方改革の一環として、ネットの高校N高だからこそできるインターネットを使ったリモートワーク雇用制度を導入する。

本雇用制度では、文部科学省が提示した教員の負担軽減が可能な業務の中から担任連絡補助、学習計画作成補助、学習システム設定・利用説明補助、その他事務作業を担務とする教務事務補助について、出勤の困難な在宅勤務希望者に限定し、2月4日(月)より採用を開始する。

本制度を導入することによって、今まで以上に教員が生徒に寄り添う時間をつくることができ、さらなる生徒一人一人の目標達成を支援する。本制度で採用する教員事務補助は100%在宅勤務が可能で、ネットコースの教員と連携して事務作業等を分掌する。

選考フロー・スケジュール

  • 2月4日(月):採用ページオープン
  • 3月:選考開始(書類選考・1次面接・適性検査・2次面接・最終面接) ※アルバイトの2次面接は人事面談となる。
  • 4月: リモートワーク勤務開始 ※2019年 4月以降は採用状況に応じて適宜、募集・選考継続
EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

WRITERこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。