prd、塾講師シェアリングサービス「レクシェア」(仮)の法人事前登録を開始

株式会社prd(本社:東京都品川区、代表取締役:金子 貴載、市川 靖裕)は、東大・東工大・一橋大のハイエンド講師の授業コンテンツシェアリングサービス『レクシェア』(仮)の法人事前登録を開始した。

塾における集客の難化、人材不足に対応するだけでなく、成功知見に基づく「自宅学習指南」や「志望校対策」で生徒の成績上昇をサポートする。

「レクシェア」とは

「レクシェア」は、教育機関(学校や塾)が東大・東工大・一橋大といったハイエンド講師が自分の成功体験をもとに考えた授業コンテンツを購入出来るサービス。コンテンツ購入後、講師ユーザーは、指定された日時に教育機関(学校や塾)へ出向き、授業を行う。

授業コンテンツは、

  • 特定科目の特定領域の指導
  • 学習環境や親のあり方に関連する保護者向け指導
  • 自宅での学習を効率化させる勉強の仕方の指導
  • 特定の志望校向けの対策指導(中・高・大それぞれ)
  • 学校選択や学部選択の参考になる出身校の試験情報や学校生活の紹介

など知識や経験を活かした様々な形式で提供される。

「レクシェア」の特長

「レクシェア」は、prdの家庭教師マッチングサービス「スマートレーダー」に登録する教師ユーザーと塾や学校などの教育事業者をマッチングすることで実現する。そのため、以下のような特徴がある。

約500名の超難関大生がコンテンツを販売

「スマートレーダー」は2019年1月時点で約500名の東大・東工大・一橋大生ユーザーを抱える関東最大級の家庭教師マッチングサイト。登録するユーザーの各々は、勉学における十人十色な成功体験を持っている。生徒や教育機関が必要とする成功体験・知見をマッチングさせる事により生徒満足度の向上や成績アップに貢献することができる。

幅広い授業コンテンツラインナップ

スマートレーダーに登録する家庭教師の多くは、大学受験だけでなく、中学受験や高校受験でも成功しているケースが多く、大学受験向け以外にも、中学受験や高校受験におけるベストプラクティスも理解し、体系化している。そのため、どのような学習環境が良いのか?、親としてどう接したら良いのか?、家でどう勉強すればよいのか?など一般的な教育機関では通常提供しないコンテンツを提供することができる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。