GLOCOM六本木会議、教育情報化にブレイクスルーをもたらすための5つの提言を公開

GLOCOM六本木会議・教育分科会は、世界的にも遅れが著しい我が国の教育情報化にブレイクスルーをもたらすための5つの提言を公開した。

5つの提言の背景

人々が常に大量の情報を扱うこの社会において、日常的・持続的なICT機器の利用は、生活を営むうえで不可欠であり、児童・生徒の日常にも、またICT機器が広く普及している。学習場面でも、学習者(児童・生徒)がICTを扱うことで学習の機会を確保し、学びの効果を飛躍的に高めることが期待されている。

しかしながら、日本の公教育では、世界的にみてもICT 環境整備・活用の遅れが顕著であり、結果として家庭・学校間に著しいデジタル・デバイドが生じたことで、今後の深刻な社会的悪影響が懸念される事態となっている。

こうした背景から、GLOCOM六本木会議は、2017年11月より「教育情報化のブレイクスルー分科会」にて、産官学からの多様な参画者とともに検討を進め、「1人1台学習者用コンピュータ整備の実現」や「デジタル・コミュニケーションの積極活用」を含む5つの提言をとりまとめた。

5つの提言(要旨)

  1.  1人1台学習者用コンピュータ整備の実現を 日本の公教育のICT環境を、学習者1人1台コンピュータ配備の世界先端レベルへ引上げよう。
  2.  学校への確実な情報環境整備と有効活用 児童・生徒中心の機器活用視点と実態に寄り添う仕様によって、機器死蔵率を低減させよう。
  3.  デジタル・コミュニケーションの抑制から活用へ 学校への私有機器持ち込みを認め、積極活用のためのデジタルシティズンシップ教育を行おう。
  4.  教育分野のオープンデータ整備・活用の推進 学校や教育委員会の透明性のため、収集・所有するデータのオープン化と検索機能を提供しよう。
  5.  デジタルによるひらかれた学校づくり 円滑なコミュニケーションのため、保護者向けオンライン告知サービスや学校SNSを活用しよう。
EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録