ヘッドウォータースが「Pocket Work Mate」に翻訳済み字幕を自動追加するAIを開発

AIアプリの開発・導入実績をもつ株式会社ヘッドウォータース(本社:東京都新宿区、代表取締役:篠田庸介)は、ナレッジ共有AIクラウドサービス「Pocket Work Mate」に、動画内容を読み込んで翻訳済み字幕を自動追加するAIを開発し、実証実験を行った。

実証実験の背景

​近年、少子化の進行により労働力人口が減少し、人材の確保と生産性の向上という大きな社会課題に直面している企業が多数存在している。そうした昨今のビジネス環境に効果的に適用することを目的に、ダイバーシティ(多様性)の推進の一つとして外国人労働者の登用・活用に積極的に取り掛かる企業が増えている。

全国的に外国人労働者数は、2017年10月末時点で約128万人に及んでおり、過去最高人数を更新している。またその背景から、マニュアル整備や現場でのOJT実施といった外国人労働者向けの教育コストが膨れやすく、時間を割けない事も多発している現状がある。

そこで、ヘッドウォータースでは、ナレッジ共有AIクラウドサービス「Pocket Work Mate」に蓄積された日本人向け動画マニュアルに、翻訳済み字幕を自動追加するAIを開発し、2018年7月より小売業での実証実験を行った。

実証実験の結果

導入効果の試算を行った所、外国人労働者への教育にかける業務時間の約7割減に繋がった。

動画マニュアルの組織内共有・浸透を行うクラウドサービス「Pocket Work Mate」は、投稿された動画ファイルに含まれた音声情報を自動的に読み取り、字幕生成と翻訳を行う。

日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」のAI機能である「Cognitive Service Video Indexer」と、ヘッドウォータースが提供する「Multi AI Platform」を掛け合わせる事で、自動翻訳済み字幕生成を実現。英語、中国語、韓国語だけでなく、ベトナム語、フィリピン語、ブラジルの公用語であるポルトガル語を含む最大60言語に対応し、動画ファイルをアップロードするだけで多言語での自動字幕を生成する。

『Pocket Work Mate』概要

2,000店舗、13万人が利用している現場主導型のナレッジ共有サービス。

現場のあらゆるノウハウをデジタル化した状態でクラウド管理することで、現場の成功体験/失敗体験を瞬時に抽出 水平展開出来る。また、小売業の運用で年間25,000時間(時給換算で約4,000万円)のコスト削減に成功し、労働生産性の向上に貢献。2017年には経済産業省後援のHRテクノロジー大賞で「奨励賞」を受賞している。

『Pocket Work Mate』の特徴

  1. 外国人教育サポート:動画内情報解析技術のよる音声テキスト化、自動翻訳機能による外国人教育サポート
  2. 接客プロモーション:動画を活用した接客プロモーションの作成&共有
  3. ナレッジ共有:本部主導で作成したマニュアルの浸透や、現場主導で作成したナレッジの水平展開
  4. マネージメント支援:AIを活用したエリアマネージャ業務のアシスタント
  5. Q&A:Microsoft Cognitive Servicesの自然語理解サービス「LUIS」を活用した、自然対話ナレッジ検索システム
EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録