立命館守山高等学校とLife is Tech、フィンランド オウル海外研修事前授業で連携

立命館守山高等学校(滋賀県守山市、校長:寺田佳司)の2年生40名は、2019年3月、日本の高校生としては初めて(※オウル市観光協会調べ)、フィンランドのオウルでIoTやゲームプログラミングを学ぶ海外研修に参加する。

今回、現地でのワークショップに備えて、中学生・高校生向けのプログラミング教育サービス事業を手がけるライフイズテック株式会社(東京都港区、代表取締役CEO:水野雄介)と連携し、「Unity®」を使ったゲーム制作プログラミングの授業を実施する。

生徒たちは、3月3日から12日までの10日間フィンランドに滞在し、官民協力のもと実験的な取り組みを行っているオウル応用科学大学内ゲームラボで、4日間半におよぶICTワークショップに参加する。

ワークショップでは、IoTはBBC micro:bitを、ゲームプログラミングは開発のプラットフォームとしてUnity®を使用するため、その基本的な知識やスキルを身に付けるべく、ライフイズテックが開発した学習システム「MOZER®(マザー)」を使って、Unity®をベースとしたゲーム制作の授業を計8時間、1月26日(土)、2月2日(土)の2日間にわたって学ぶ。

立命館守山×Life is Tech!フィンランド オウル海外研修事前授業概要

日時

2019年1月26日(土)・2月2日(土) 両日とも8:55~12:45

場所

立命館守山中学校・高等学校 情報演習室2

対象

立命館守山高等学校 2年生40名

内容

Unity®ゲームプログラミング ※ライフイズテックが開発した学習システム「MOZER®」を活用

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

WRITERこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。