筑波大学とドコモ gacco、オンライン講座「嘉納治五郎とオリンピック・ムーブメント」を1月22日より開講

国立大学法人筑波大学(茨城県つくば市、学長 永田恭介)と株式会社ドコモ gacco(東京都港区、代表取締役社長 嶋本由紀子、以下 ドコモ gacco)は、ドコモ gacco が運営する IT 環境があれば誰でも無料で受講できる大規模公開オンライン講座「gacco(ガッコ)」にて、柔道家・教育者である嘉納治五郎の功績やメッセージから学ぶ「嘉納治五郎とオリンピック・ムーブメント」講座を、1月22日(火)より開講する(受講者募集中)。

嘉納治五郎 について

1860 年生まれ(1938 年没)。柔道家・教育者。講道館柔道の創設者であり、柔道のみならず様々なスポーツの発展に貢献し、現日本体育協会の初代会長などを歴任。

アジア初の IOC 委員として、1940年東京オリンピック招致を成功させた(戦争により実現せず)。また、筑波大学の前身である高等師範学校・東京高等師範学校の校長を20年以上務めた教育者でもあり、スポーツと教育の融合にも大きく貢献した。

「嘉納治五郎とオリンピック・ムーブメント」講座 概要

講座名

嘉納治五郎とオリンピック・ムーブメント

内容

グローバルな視点からスポーツを通して日本と世界のつながりを構築した嘉納治五郎の功績を振り返り、様々な社会課題を抱える現代の日本の方向性を模索する。

  • 第1週 柔道および体育教育の父
  • 第2週 東京オリンピックへの道
  • 第3週 嘉納治五郎の弟子たち
  • 第4週 嘉納治五郎のレガシー

学習期間

4週間程度(週2時間程度)

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。