リソー教育、平成31年2月期第3四半期決算発表。売上高対前年+9.5%、営業利益対前年+33.5%

株式会社リソー教育は1月15日、平成31年2月期第3四半期決算短信を発表した。

第3四半期の連結売上高(累計)は、177.47億円(対前年比+9.5%)、営業利益は15.4億円(対前年比+33.5%)、経常利益は15.52億円(対前年比+35.4%)となった。

利益率は、営業利益率8.6%(前年同期7.1%)、経常利益率8.7%(前年同期7%)だった。

TOMAS(学習塾事業部門)、伸芽会(幼児教育事業部門)、プラスワン教育(人格情操合宿教育事業部門)のセグメントでは、前年同期比で10%以上の売上増と好調に推移した。

平成31年2月期の連結業績予想に修正はなく、売上高247億円(対前年比+9.4%)、営業利益27.1億円(対前年比+25.6%)、経常利益27億円(対前年比+26.2%)を見込んでいる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Takehiko Sakuma

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育・EdTech領域専門の転職サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。取材希望や採用でお困りの企業様はお気軽にお問い合わせください。Twitter:@sakutakefol