フランジアがグルーヴ・ギアの発行済全株式を取得、完全子会社化へ

株式会社フランジアは、エンジニア育成・教育事業を展開するグルーヴ・ギア株式会社の発行済全株式を取得し、完全子会社化した。

完全子会社化の背景

近年、日本では慢性的なIT人材の不足が続いており、経済産業省による調査(※1)では、2015年の時点でIT人材は約17万人の不足しているとされている。

今後もITのニーズは増え続け、市場規模も拡大していくが、少子高齢社会により、2030年には40~80万人もの人材不足に陥るだろうと予測されている。国内におけるIT人材の採用はこの先ますます困難になっていくと予想される。

フランジアは、最先端スタートアップのサービス開発を支援してきたノウハウを活かし、アジアトップクラスの大学と産学連携し日本語とIT人材の育成、各種教育機関へのTech Bootcampの提供、独自のITスクールの運営などを行っている。

一方、グルーヴ・ギアは、未経験から価値あるエンジニアとしての就職を支援するエンジニア育成スクール「GEEK JOB」をはじめ、プログラミング教育事業など、IT人材の育成事業を中心に展開しており、1000名以上の人材を育成した実績がある。

エンジニア育成がこれまで以上に必要になってきていることから、双方のノウハウを掛け合わせることにより、IT人材のプラットフォームとなることが期待できること、また相互の事業領域の拡大が見込めることから、本件統合について両社で合意した。

(※1)IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(経済産業省)

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録