ベネッセとクラウドソーシングサービスのランサーズが提携!社会人のスキルアップを支援


クラウドソーシング事業を手掛けるランサーズは2013年11月15日、ベネッセコーポレーションとの提携を発表しました。ランサーズが運営するクラウドソーシングサイト「Lancers」の中の「フリーランストータルサポート」にて、ベネッセが提供する社会的スキル診断、苦手スキル別ソーシャルラーニングサービス「じぶんラボ」のコンテンツを提供しています。

ランサーズベネッセ

Lancersの特設サイトで質問に答えることで、「コミュニケーション」「バックアップ」「チーム志向」「モニタリング」「リーダーシップ」といった5分野のスキルを診断が出来ます。

じぶんラボ

また、Lancersはスキルの診断結果に応じて苦手分野が同じ人が集まるSNSを公開、そこで成功・失敗体験談を共有したり、今後は能力を向上させるために書籍など(ベネッセ以外の書籍も含む)をレコメンドしていく予定とのこと。

ベネッセの狙いとしては、Lancers会員の社会人との接点を持ち、小中高生が中心の顧客基盤を拡大することにあるようです。

follow us in feedly


EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    Takehiko Sakuma

    EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育・EdTech領域専門の転職サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。取材希望や採用でお困りの企業様はお気軽にお問い合わせください。Twitter:@sakutakefol