Googleが教育コンテンツの専用アプリストア「GooglePlay for Education」を発表!



Googleは11月13日、教育機関専用アプリストア「GooglePlay for Education」をアメリカ内で限定公開しました。

GooglePlay for Educationは小・中・高校で導入される教育用Androidタブレット専用のアプリストアで、管理者専用の管理サイトも提供しています。

GooglePlayforeducations

 

現在は、Googleが選定した75個のサードパーティ製のアプリが提供されています。利用にはGooglePlay for Educationプログラムへの参加申請と対応タブレット購入(当面は教育機関専用版Nexus 7のみ、2014年にASUS Transformer Pad、HP Slate8 Proが対応予定)が必要となります。

 

開発者向けのGooglePlay for Educationプレゼンテーション用動画

教育系コンテンツの開発者は、GooglePlay for Educationを通じて、k-12の教育に携わる教師に容易にリーチできるようになるとしています。生徒の行動改善のための「ClassDojo」、アニメーションや注釈を加えられるホワイトボートツール「Explain Everything」などのアプリがGooglePlay for Educationを通じて公開されているようです。

 

follow us in feedly



ABOUT US

Takehiko Sakuma
EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育・EdTech領域専門の転職サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。取材希望や採用でお困りの企業様はお気軽にお問い合わせください。Twitter:@sakutakefol