信州教育出版社、学習用ICTプラットフォーム「Lentrance」を採用

株式会社Lentrance(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石橋 穂隆)は、学習用ICTプラットフォーム「Lentrance®(レントランス)」が、一般社団法人信州教育出版社(所在地:長野県長野市、理事長:鈴木 隆、以下 信教出版)に採用されたことを発表した。

信教出版の「Lentrance」導入背景

信教出版は、1947(昭和22)年に前身の信濃教育会出版部として設立されて以来、長野県に根ざし、70年以上に渡って教科書・教材・教育関連書籍を発行している出版社。

公教育分野におけるICT活用の動きが進む中、引き続き長野県の教育の振興、文化の向上に寄与していくために、デジタル教科書・教材を届けるプラットフォームとして、「Lentrance」を導入することとなった。

今回の信教出版の「Lentrance」採用は、教科書・教材出版社として11社目になる。

今後、信教出版がデジタル教科書・教材を提供することにより、既に「Lentrance」を採用している各社(東京書籍株式会社、教育出版株式会社、株式会社桐原書店、教育図書株式会社、株式会社教育同人社、株式会社文英堂、学校図書株式会社、株式会社明治書院、実教出版株式会社)の発行するデジタル教科書・教材も含めて、「Lentrance」プラットフォーム上で同時に利用することが可能となる。

「Lentrance」とは

「Lentrance」は公教育・私教育の双方で利用できる学習用ICTプラットフォーム。

学習者や指導者は、アプリ(Windows、iOS)もしくはWebブラウザからデジタル教科書・教材を利用することができる。

Webブラウザからの利用は、4G/5G、Wi-Fiなどを介してインターネットに接続できる端末であれば、端末の種類を問わず、いつでも・どこでもデジタル教科書・教材を利用することができる。

複数の異なる端末での情報連携も可能なため、学校の授業内容を自宅の別の端末で復習する場合でも、アカウント情報から同じ画面や設定を再現し、学校の授業と連続性のある学習を行うことができる。

また、「Lentrance」に搭載された教科書・教材からは、「どのページをいつ読んだのか、どの部分を注視したのか、何を書き込んだのか」といった学習履歴データの取得が可能なため、公教育・私教育のどちらにおいても、学習者・指導者・教育コンテンツホルダーの全てに対して、データに基づいたフィードバックを行うことができる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録