近畿大学、バーチャルYouTuberでのオリジナル動画配信を通しコンテンツマーケティングを学ぶ「VRスクール」を開講

近畿大学(大阪府東大阪市)は、令和元年(2019年)6月13日(木)より、動画等の配信活動を行う架空のキャラクター「バーチャルYouTuber」の配信を目指す「VRスクール」を開講することを発表した。

この講座では、学生がバーチャルYouTuberのキャラクター設定や番組企画、VRシステムを使用した配信作業、SNSとの連動などについて実践的に学び、コンテンツマーケティングについての知識を深める。

近畿大学「VRスクール」概要

近畿大学では、学生が主体となり、教職員、企業、地域住民と協働しながら、新たな社会価値を生む試みを仕掛けていく、「アカデミックシアターACTプロジェクト」を展開している。

今回は「VRスクール」として、動画等の配信活動を行う架空のキャラクターであるバーチャルYouTuberのキャラクター設定や番組企画の考え方、VRシステムを使用した配信作業、SNSとの連動などについて実践的に学ぶ。

講師陣として、ハッシー橋本氏、宮本祐輔氏、赤井てら氏など、アニメ、ゲーム、ミュージックビデオの各分野で活躍する経験豊かな講師を招き、9月19日(木)には制作した動画の配信を目指す。

日時

令和元年(2019年)6月13日(木)~7月11日(木)毎週木曜日 18:30~20:00

※9月19日(木)には動画配信を予定

場所

近畿大学東大阪キャンパス アカデミックシアター

対象

近畿大学学生(全学部)20~25人

バーチャルYouTuber キャラクターデザイン

平成31年(2019年)2月に実施された講義で学生たちがキャラクターの設定、デザインを話し合い、ライトノベルやゲームなどで人気のプロのイラストレーター赤井てら氏がキャラクターデザインを描きおろした。

今回はこのキャラクターを元に、バーチャルYouTuberの運用を目指す。

講師および参加クリエイター

ハッシー橋本氏

放送作家、CM企画・演出を経て、株式会社アマナへ。コミュニケーション全体戦略を考えるプランナー兼クリエイティブディレクターとして、ブランディング、プロダクト開発&デザイン、CM、MV、WEB、イベント連動したプロモーションを実施。

クライアントにもつインフラ、自動車、家電、飲料、飲食、製菓、スポーツメーカー等に出版社、レーベル、番組を組み合わせたタレントやアーティスト、キャラを起用したクリエイティブを多く制作。広告戦略部隊に加え、新オタクビジネス部署の『アマナ異次元』の執行責任者。

宮本祐輔氏

株式会社大広 デザイナー/クリエイティブディレクター。

CI、広告グラフィックのデザインをはじめ、WEB、イベントなどのディレクションやブランディング、メディアプランニングなどトータルに行う。近年、WEBアニメのクリエイティブディレクションやゲームのアートディレクションなども手がける。スマホゲーム「23/7 トゥエンティスリー セブン」ではキャラクターディレクターを担当。

クリエイターユニット「COJIRASE LUNCH BOX」クリエイティブディレクターも務める。WEB番組「COJIRASE LUNCH BOXの イラストレーターのウラバナ!」にMCとして出演中。

赤井てら氏

個性豊かなキャラクターデザインと確かな画力、イキイキとした表情で魅力的なキャラクターを生み出すイラストレーター。

ライトノベルの挿絵を中心に、ソーシャルゲームやボードゲームのキャラクターデザインなども手がける。代表作に、「その無限の先へ」「エノク第二部隊の遠征ごはん」「魔眼と弾丸で異世界をぶち抜く!」挿絵、ボードゲーム「DORASURE」「CYCLOPS」キャラクターデザインなどがある。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録