レアジョブ、2019年3月期決算発表。売上高36.4億円(対前年+22.6%)、営業利益1.8億円(対前年+36.9%)

株式会社レアジョブは5月15日、2019年3月期決算短信を発表した。

連結売上高(累計)は36.4億円(対前年比+22.6%)、営業利益は1.8億円(対前年比+36.9%)、経常利益は1.7億円(対前年比+87.9%)。

利益率は、営業利益率4.9%(前年同期4.4%)、経常利益率4.6%(前年同期3.0%)だった。

当連結会計年度においては、マーケティング及び営業活動の強化によりレアジョブ英会話の売上が増加した。中長期的な成長のため、積極的な採用活動を行い人員を増強した一方で、生産性向上等の事業効率化が進んだため、営業利益も前年と比べ増加した。

このほか、保有する投資有価証券の一部を売却し、特別利益に投資有価証券売却益を計上している。

こういった結果、レアジョブの2019年3月期決算は前年と比較し、増収増益となった。

2020年3月期の連結業績予想は、売上高44.0億円(対前年比+20.9%)、営業利益3.0億円(対前年比+68.4%)、経常利益2.5億円(対前年比+47.6%)を見込んでいる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録