日本次世代教育総合研究所、「『ポスト受験』時代に先手を打つ!塾・生き残りセミナー」を5月24日に大阪で開催

2019年5月より、日本次世代教育総合研究所(大阪府大東市所在)は、株式会社ジェイシー教育研究所(千葉県千葉市所在)が企画・開発したサス学クラウドサービスSGXを用いて、子どもたちの未来を創る力を育てる探究型学習プログラム「サス学」(「サス学」は三井物産株式会社の登録商標)を導入し、近畿圏における先駆的な展開を企図している。

日本次世代教育総合研究所の塩沢茂樹代表は、自社の運営する進学塾・大東尚学館で今夏「サス学」の開講を予定し、さらに近畿圏における新たな拠点展開と、自らがサス学認定講師として小・中学校へ出講することも視野に入れた活動を開始する。

サス学導入の背景

これまで首都圏においては、毎夏、三井物産株式会社が参加者を公募して「サス学」アカデミーを開催、そして塾型学童保育ネクスファ(千葉県柏市所在)が、レギュラープログラムとして「サス学」を長年実践してきた。

他塾が「サス学」を導入できるようになったのは、ジェイシー教育研究所が、人材育成システムと教材データベースを兼ね備えたクラウドサービスを企画・開発したからである。

ジェイシー教育研究所は、東京・大阪をはじめ各地でセミナーを開催して「サス学」の導入者を募っている。

「『ポスト受験』時代に先手を打つ!塾・生き残りセミナー」概要

「サス学」は、直近の教育改革を経て、近未来における子どもたちの学びが、これまでの科目縦割りの知識習得型から横断的な深い学びに変わることを睨み、また塾が学校補習や受験指導でのみ価値を生む時代ではなくなってくることを先取りした、まさに塾の生き残りをかけた取り組みとなるだろう。

近畿圏では、日本次世代教育総合研究所塩沢代表が、自らがファーストペンギンになる!と意欲を燃やしている。

塩沢代表の展望とサス学クラウドサービスの仕組み、そしてネクスファでの実践例が、5月24日(金曜日)大阪駅前開催のセミナーですべて明らかにされる。

日時

5/24(金) 13:30〜15:00

会場

キャリア・ステーション大阪駅前本校

費用

無料

セミナー内容

  • これからの社会を生きる子どもたちに必要な「学び」
  • 探究型学習プログラム「サス学」の特徴について
  • 「サス学」実践事例
    「ネクスファ(千葉県柏市所在)」の実践事例紹介
    SGXを用いた導入塾「日本次世代教育研究所(大阪府大東市所在)」の紹介
  • SGXを用いた探究型学習プログラム導入方法の案内
EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録