日本出版販売、「こどもプログラミング本大賞」受賞作品を発表

日本出版販売株式会社(代表取締役社長:平林 彰、略称:日販)は5月16日(木)、「こどもプログラミング本大賞」の受賞作品および、部門入賞作品を発表した。

エンジニアや小学生、教員など計500名以上による投票の結果、『なるほどわかった コンピューターとプログラミング』(ひさかたチャイルド)が大賞に輝いた。

「こどもプログラミング本大賞」とは

2020年度から始まる小学校のプログラミング教育必修化に向けて、プログラミング教育市場規模は拡大を続けている。

それに伴い、こども向けのプログラミング本の刊行点数も増加傾向にあるが、「数ある本の中で、どんな本が教材として適しているか」を保護者や教員が判断することが難しかった。

今回創設された「こどもプログラミング本大賞」は、こども向けの優れたプログラミング本の認知拡大を図るべく、投票によって「こどもたちにおすすめしたいプログラミングの本」を決めるもの。

本年2月に開催されたソフトウェア開発者向けカンファレンス「Developers Summit 2019」内で募ったエンジニアからの投票および、東京都の平成30・31年度プログラミング教育推進校である荒川区立第二日暮里小学校で集めた児童・保護者・教員・学校司書からの投票を集計し、受賞作品が決定された。

また、大賞の発表に合わせて、大賞受賞作品および部門入賞作品の店頭フェアを、本日5月16日(木)より全国の取引書店約400店で実施する。

投票日時・会場

  1. 2019年2月15日(金)「Developers Summit 2019」会場
  2. 2019年2月25日(月)~3月8日(金)荒川区立第二日暮里小学校

選考方法

本企画にエントリーした書籍を「絵本・読み物部門」「操作マニュアル部門」「保護者・教員向け部門」に分け、上記2会場において投票を募集。2会場の投票結果を集計し、最も票を集めたものを「大賞」、各部門の得票数上位3点を「部門入賞」として決定。

「こどもプログラミング本大賞」受賞作品

大賞

『なるほどわかった コンピューターとプログラミング』(ひさかたチャイルド)



内容紹介

  • 小学生のための楽しいコンピューター入門
  • プログラミングが「子どもに習わせたい」習いごとランキング急上昇
  • 119のしかけをめくれば、コンピューターのことがよくわかる
  • 「スクラッチ」という小学生向けウェブサイトを紙上に再現。コンピューターに命令を出すプログラムの作り方が学べる。

絵本・読み物部門 入賞

『テラと7人の賢者』(学研プラス)



『ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング』(翔泳社)



『プログラミング教室』(ポプラ社)



操作マニュアル部門 入賞

『できる パソコンで楽しむマインクラフト プログラミング入門』(インプレス)



『手づくり工作をうごかそう! micro:bitプログラミング』(翔泳社)



『プログラミングは、ロボットから始めよう!』(小学館)



保護者・教員向け部門 入賞

『コンピューター&テクノロジー解体新書』(SBクリエイティブ)



『アルゴリズム図鑑 絵で見てわかる26のアルゴリズム』(翔泳社)



『プログラムの絵本 プログラミングの基本がわかる9つの扉』(翔泳社)



「こどもプログラミング本大賞」フェア概要

実施期間

2019年5月16日(木)~

実施場所

全国の取引書店約400店

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録