ヌーラボ、福岡大学の「Backlog」「Typetalk」活用事例を公開

株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下 ヌーラボ)が提供しているプロジェクト管理ツール「Backlog(バックログ)」およびビジネスチャットツール「Typetalk(タイプトーク)」が、福岡大学(所在地:福岡県福岡市、学長:山口政俊)工学部電子情報工学科の学生の修論・卒論プロジェクトで活用されている。

学生10名分の研究のタスク管理を「Backlog」で行うようにしたことで教員側の進捗管理が圧倒的に効率化され、「Typetalk」との連携により膨大な量のメールの削減に成功するなど、成果を挙げている。

福岡大学の「Backlog」「Typetalk」導入事例

福岡大学工学部電子情報工学科メディア工学研究室では、音声・画像を対象とした情報システムの開発をメインテーマに、他学部の研究室と連携しながら様々なシステムやアルゴリズムの開発を行っている。

「Backlog」は同研究室の卒論・修論プロジェクトと大学院講義の課題管理用に、「Typetalk」はコミュニケーションに利用されている。

福岡大学の髙橋伸弥先生、廣重法道先生のコメント

「Typetalk」は連絡、議論(確認)、リアルタイムコミュニケーションにして、「Backlog」はエビデンスの報告と言う目的で使い分けています。「Backlog」と「Typetalk」は同じ会社のサービスということもあり、通知面での機能も豊富です。
「Backlog」・「Typetalk」を導入する前は、学生-教員間のコミュニケーションはメールでしたが、現在はメールはほとんど使用していません。「Backlog」と「Typetalk」の連携機能を使うようになってからは、膨大な量の通知メールを削減できたうえ、たとえば修論の進捗を確認する会議でも、手入力による記入漏れや間違いなどの問題が解消されました。
さらに、ツールに慣れてもらう過程で、コミュニケーションの根本にある報告・連絡・相談のような「ビジネスマナー」を改めて学生に指導もできます。こうした新しい習慣を学生に早期から身につけさせることで、新社会人になったときにも重宝されます。将来的な教育効果を見据えて、「Backlog」や「Typetalk」のような新しいツールを学生に手ほどきすることが現代の教員として持つべき姿勢だと思います。

「Backlog」は100万人以上が利用する国内最大級のプロジェクト管理ツールとして、また「Typetalk」は、チームのコミュニケーションを前向きにする機能を持つビジネスディスカッションツールとして、すでに多くの企業やチーム、さらには教育現場で利用されている。

また、ヌーラボが提供するサービスを連携して利用することで、チームコミュニケーションの促進や働き方の改善に成果を挙げるケースが増加している。

ヌーラボは今後も顧客の業種や規模、活用したい環境に合わせ使い方をカスタマイズできるサービスを提供できるよう、サービスのブラッシュアップを行っていく予定。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録