ヴィストン、入門用二足歩行ロボット「ピッコロボIoT」のプロ グラミングをWeb ブラウザベースで行う専用サイト「プログラムランド for ピッコロボIoT」を無償公開

ヴイストン株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:大和信夫)は、好評販売中の「ピッコロボIoT」のプログラミングをWeb ブラウザベースで行うことを可能にした、専用サイト「プログラムランド for ピッコロボIoT」を無償にて公開した。

「プログラムランド for ピッコロボIoT」サービスの概要

ピッコロボIoT は、Wi-Fi 通信・サーボモータ制御・センサ読込機能をコンパクトにまとめたロボット専用制御ボード「V-duino」を搭載した、入門用二足歩行ロボット。

開発環境であるArduinoIDE からプログラミングが可能で、Arduino 学習の入門セットとして、また、ネットワークに繋がる手軽なロボットデバイスとして、様々な用途で活用されている。

今回リリースしたプログラムランド for ピッコロボIoT では、Web ブラウザで動作するビジュアルプログラミングツールからピッコロボIoT を操作でき、ピッコロボIoT をさらに手軽に、幅広い場面で活用することを可能としている。

簡単な操作でプログラム作成が可能

プログラムランド for ピッコロボIoT は、Web ブラウザ上で動作するビジュアルプログラミングツール。教育市場などで定番となっているScratchともよく似た画面操作感となっており、プログラミングの初学者でも手軽な学習教材として活用することができる。

プログラムランド for ピッコロボIoT メイン画面

初期設定のための専用ツールを用意し、幅広いニーズに対応

ピッコロボIoT をプログラムランドに対応させる初期設定には、専用のファームウェア書き込みツールを用意。書き込みツールの動作には特別なソフト等は不要なので、機体を組み立て後、すぐにプログラムランドfor ピッコロボIoT でのプログラミングを始めることができる。

プログラムランド for ピッコロボIoT を使ったプログラミングでは、手元端末にはArduinoIDE のインストールが不要なほか、モダンWeb ブラウザが動作する様々なデバイスからの操作が可能となる。

多数のPC を用意することが難しい学習塾や、タブレットを本格導入済みの学校現場などにおいても、あらかじめ専用ファームウェアを書き込んだピッコロボIoT を準備することで、ビジュアルプログラミングとロボットとを組み合わせた、効果的なプログラミング学習環境を構築することができる。

また、プログラムランド for ピッコロボIoT の専用ファームウェアを書き込んだ後でも、ArduinoIDE から改めて別のプログラムを上書きすることも可能。「プログラミングの基本をプログラムランドで学習し、その後にArduinoIDE でさらに高度なプログラミングにチャレンジする」といった、様々なレベルの学びに対応できるソリューションとなっている。



EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録