GRIT、グローバルで活躍したいエンジニアに特化した新キャリアデザインプログラム「PROGRIT CAREER for エンジニア」を6月3日よりスタート

次の一歩が見えてくるキャリアデザインプログラム「PROGRIT CAREER」を展開している株式会社GRIT(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:岡田祥吾)は、グローバルで活躍したいエンジニアに特化した業界初のプログラム「PROGRIT CAREER for エンジニア」を2019年6月3日(月)より開始することを発表した。

また、プログラムの開始に先立ち、プログラム受講希望者向けの申込受付を5月10日(金)より開始する。

PROGRIT CAREER forエンジニアは、英語を身に付けて更なるステップアップを目指すエンジニアのためのキャリアアップ支援プログラム。

専任のキャリアアドバイザーとのキャリアデザインだけではなく、英語を身に付けることによって、「グローバル情報化社会で活躍するエンジニア」を目指す。

英語ができるエンジニアの需要が急増している3つの理由​

外国人エンジニア増加による、英語でのマネジメント需要の増加

経済産業省が発表した、「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(2016年)」によると、2015年の調査時点で供給人材数は約92万人、人材不足数は17万人であるということが分かった。

供給人材数は2019年をピークに減少すると予測されている一方、人材不足数は年々増加。ITニーズの拡大によって、2020年には約30万人、2030年には約59万人のIT人材が不足すると予測されている。

国内でのIT人材不足を埋めるために、各企業は外国人の起用を始めている。情報通信業に就労している外国人数は、2008年から2015年までの7年間に約2倍に増加。しかし、外国人の起用にあたっては「マネジメントが難しい」という課題もある。

このように、外国人が増加するエンジニアの世界において、日本語によるマネジメントではなく、英語という共通言語によるマネジメントが必要不可欠になっている。

英語でマネジメントを行うことのできるエンジニアが増えれば、外国人の就労や採用もさらに加速し、人材不足を埋めることができる。

経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(2016年)」より引用

エンジニア自身のスキルアップと企業の技術力アップのための英語需要の増加

さらに、エンジニアのスキルアップには英語が必要不可欠。

90%以上が外国語文献であり、常に変わり続ける技術の世界についていくためには英語によって情報を集めなくてはならない。また、ソースコードの品質向上や、情報交換のためのオープンソースコミュニティーへの参画にも英語力は必要不可欠。

エンジニアの年収が低い日本

2016年に世界経済フォーラムが発表した、世界ITレポート(The Global Information Technology Report)によると、日本のIT競争力は全139カ国中10位と、高い水準を示している。

これほどの高い技術水準を持っているにも関わらず、日本におけるエンジニアの平均給与は年収600万円ほど。アメリカと比較すると約半分である。

日本人エンジニアの多くが英語を苦手としており、給与の低い日本にとどまってしまっている。英語を身に付け、技術力のあるエンジニアには活躍できる場へと羽ばたいて行ってほしいとGRITは考えている。

「PROGRIT CAREER for エンジニア」サービス概要

​PROGRIT CAREER for エンジニアは、グローバルで活躍したいエンジニアに特化したキャリアデザインプログラム。

プログラム内では、専任のキャリアアドバイザーによる1対1のキャリアデザインを実施。本当にやりたいことが何なのかを一緒に描き、各個人に合ったキャリア目標を設定。目標達成に向けて一緒に伴走する。

さらに、グローバル企業における職場見学や、1クラス10名~30名のチームを設置。同じ志を持った仲間との横のつながりの形成も後押しすることで、一人一人が「その人らしいキャリア」を見つけるための場を提供する。

また、英語力を身に付けるために、GRITが展開する英語コーチングプログラムPROGRIT(プログリット)も活用。TOEIC800点レベルの英語力を身に付けることで、「グローバルエンジニア」としてのキャリアを歩みだすことができる。

PROGRIT CAREER for エンジニアの、エンジニア側利用料は英語コーチングプログラム「PROGRIT(プログリット)」の2か月間の受講料込みで378,000円(税抜)。

PROGRIT CAREER for エンジニアへの申込受付は2019年5月10日(金)より開始する。

入会希望者の現在のエンジニアスキル等を確認の上、一定以上のスキルのある人やキャリアアップの希望度によって入会の是非を決定する。

一定数の希望者が集まった時点でチームを結成。その後、セミナーや懇親会などでのコミュニティ形成だけではなく、グローバル企業への訪問や継続したキャリアデザイン面談、英語コーチングプログラム「PROGRIT(プログリット)」の活用によるグローバルエンジニアへのスキルアップを実施する。

株式会社GRIT 代表取締役社長 岡田氏のコメント

「PROGRIT CAREER for エンジニア」は、英語のスキルを磨いて更なるステップアップを目指したいエンジニアのための新プログラムです。弊社に在籍するキャリアアドバイザーがエンジニア一人一人のパートナーとして過去・現在・未来を一緒に描き、「はじめの一歩」を踏み出すために徹底的にサポートいたします。単に企業と個人のマッチングではなく、英語スキルを身に付けて、グローバルエンジニアへステップアップをする。これが、「PROGRIT CAREER for エンジニア」の目指すものです。この新しいサービスを通じて、「世界で最も価値のある、人と組織の成長インフラになる」という弊社のビジョンを体現してまいります。今後は、グローバルで活躍したいエンジニアだけではなく、他の業種や職種でもサポートできるよう、更なるサービスの拡充に努めて参ります。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録