あさ出版、考えて行動させる子育てへ『賢い子を育てる夫婦の会話』を5月11日刊行

株式会社あさ出版(代表取締役:佐藤和夫、所在地:東京都豊島区)は、天野ひかり (著), 汐見稔幸 (監修)『賢い子を育てる夫婦の会話』を2019年5月11日(土)に刊行する。

『賢い子を育てる夫婦の会話』概要

勉強しない、友だちや学校の話をしなくなった、自分を責める、きょうだいゲンカが多い、この原因は「夫婦の会話」かもしれない。子どもは夫婦の会話を聞いて影響を大きく受けている。

本書ではNHK 教育テレビ『すくすく子育て』でキャスターを務め、自らも子をもつ母である著者が、「夫婦の会話」で磨かれる子どもの「5つの力」と「夫婦の会話」の心得とコツについて解説する。

書籍名

『賢い子を育てる夫婦の会話』

刊行日

2019年5月11日(土)

価格

1,512円(税込)

目次

  • はじめに
  • 第1章 賢い子どもは「夫婦の会話」でつくられる
  • 第2章 夫婦の会話を変えると、子どもはこう育つ
  • 第3章 “ありのまま”を認めると、夫婦関係も子育てもラクになる
  • 第4章 子どもの「器」を育む夫婦・家族の会話のコツ

子ども を育む夫婦・家族の会話のコツ!(※本書より要約)

子どものテストの点がよくなかったとき

相手を信じる言葉をかけ合う

同じ言葉をくり返すことにより、相手に共感すること、相手のつらさをいっしょに乗り越えることが大切。

相手が、よくない結果で悩んでいるとき、励ましたり、「次は大丈夫だよ」と言ってみたり、いろいろアドバイスできないか考えてしまう。でも、基本は、相手の思いに寄り添うこと。

そして、その中で、本人が次にすべきことを考えられることが大切である。結論は、自分の中にあるはずである。

子どものわがままが止まらないとき

「わがまま」を「提案」にさせる言葉がけ

子どもが何かをほしいと言ったときこそ、提案する力をつけさせるチャンス。自分のほしいものを、相手に認めさせて買わせるために、頭と言葉をフル活動させることが大切である。

著者プロフィ―ル

天野ひかり(あまの・ひかり)

上智大学文学部卒業。元テレビ愛知アナウンサー。現在はフリーアナウンサーとして活躍。フリー転向後はNHKの番組を中心に出演し、2008年3月まで教育テレビの番組『すくすく子育て』でキャスターを務める。自身の結婚、出産、育児と仕事の両立を経験したことで、子育ての重要性を認識。「NPO法人親子コミュニケーションラボ」を立ち上げる。子どもの自己肯定感を育むための親子のコミュニケーション力をのばす講座や講演を全国の自治体や幼稚園、学校、企業などで開き、今までの受講者は5万人以上。ベストセラー『子どもが聴いてくれて話してくれる会話のコツ』著者。

監修者プロフィ―ル

汐見稔幸 (しおみ ・としゆき)

1947年大阪府生まれ。東京大学名誉教授、日本保育学会会長、白梅学園大学名誉学長。専門は教育学、教育人間学、保育学、育児学。2017年告示保育所保育指針改定時には、厚生労働省社会保障審議会、児童部会保育専門委員会の委員長を務める。自身も三人の子どもの育児を経験。現代の父親・母親の応援団長を目指している。保育者による本音の交流雑誌『エデュカーレ』編集長ほか、21世紀型の身の丈に合った生き方を探るエコビレッジ「ぐうたら村」村長など多数務める。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録