Retty、東京大学データサイエンティスト養成講座にコンテンツ提供

Retty株式会社は、東京大学大学院情報理工学系研究科が実施する「領域知識創成教育研究プログラム(東京大学データサイエンティスト養成講座:Data Science School)」に、2019年4月17日(水)より協力を開始し、データサイエンティストの養成・育成を支援する。

実名グルメサービス「Retty」は月間4000万人が利用するサービスで、多くのコンテンツを保有している。Rettyは本コンテンツを提供することで新たな価値創造、および技術革新を狙ったデータサイエンティストの養成に協力する。

今後もRettyは、グルメ情報関連領域におけるイノベーションの実現に向けて、外部へのデータ提供を進めていく。

Rettyのコンテンツ提供の背景と概要

近年、ITの利活用の高度化・多様化が進み、インターネット上でグルメ情報の掲載、および投稿がされるようになった。最近では、食に関するリテラシーが高まる一方で、高度なデータの利活用の機運が高まっている。

Rettyでは、信頼できる実名投稿による口コミ情報の価値を活用して、レコメンドエンジンの開発などユーザーがお店を探しやすくする取り組みを進めており、今回の取り組みを通して得た知見を用いてユーザー体験のさらなる向上を目指す。

具体的には、Rettyから自然言語処理や画像解析、およびログ解析を通したテーマを提出しており、幅広いスキルを身につけられるよう課題を組んでいる。また、実際にRettyのデータサイエンティスト、およびプランナーも講義に参加し、学生との双方向のコミュニケーションを通して実践的なスキルを身に着けたデータサイエンティストの養成・育成に貢献する。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録