ネオレックス、名古屋大学にIT推薦図書49冊とリサーチラボノート70冊を寄贈

株式会社ネオレックス(本社:名古屋市熱田区、CEO:駒井研司)は、2019年4月12日に名古屋大学にて贈呈式を行い、国立大学法人名古屋大学へIT推薦図書49冊とリサーチラボノート70冊を寄贈した。

昨年11月に名古屋大学において開催された「企業と大学教員との座談会」における阿波賀邦夫教授(現名古屋大学理学研究科長)の「小さな貢献であっても大学にとっては有益」との発信をきっかけに可能な範囲で貢献したいと考え、上記物品の寄贈に至った。

また、ネオレックスのメンバー総勢40人の2割にあたる8人が名古屋大学出身、うち4人が理学部出身ということもあり、今後も継続的な取り組みとして貢献を続けていく方針。

ネオレックスの名古屋大学への寄贈品

IT推薦図書

図書については、IT初心者向けの推薦図書49冊を寄贈。

情報系以外の学生でも、ITやプログラミングに関心を持つ人は多くいる。しかし初心者にとってITの敷居は高く、どこから手をつけて良いか分からないという人が多くいるのが実情。

そこで、ITに興味を持った学生が、プログラミングやコンピューターのアーキテクチャなどについて優しく、楽しく、かつ正確に理解を深められるようにするものを選定した。

また、IT技術だけでなく、IT関連のビジネス図書やデザインの図書も選定対象としている。図書の選定は、ネオレックスに在籍する名古屋大学理学部出身のIT技術者が中心になって実施。自身が初心者だった時に学んだものや、初心者の時にこの本に出会っていればと思うものを選んでいる。図書は理学図書室の蔵書となる。

リサーチラボノート

リサーチラボノートは、新3年生となる理学部化学科の学生に向けて70冊を寄贈。

近年、実験記録に高い信頼性が求められるようになってきている。そのため、長期保存が可能、各ページに通し番号があり改ざん不能などの特徴を持った専用ノートの利用が望まれている。

しかし一般的には実験用ノートは学生が負担して購入するため、やや高額な専用ノートではなく簡素な汎用ノートが利用されることが多いと聞き、ネオレックスはリサーチラボノートを寄贈する価値があると考えた。ノートはコクヨ株式会社製で、名古屋大学の名前とロゴを刻印し、ネオレックス提供である旨も合わせて記している。

ネオレックスの今後の取り組み

推薦図書については、IT技術の進歩は早く変化も著しい分野のため、見直しと入れ替えを毎年実施する予定。

リサーチラボノートについても、可能な範囲で提供を続けていく考え。

これまで6名のノーベル賞受賞者を輩出、地元名古屋で世界の学術会をリードし、そしてネオレックスで大きく活躍する優秀な人材を育成する名古屋大学に貢献できる継続的な取り組みとして今後も連携、協議を続けていく方針。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録