アクティブラーニングツール “respon(レスポン)” が富士通の文教ソリューション “CoursePower” と連携

株式会社レスポン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森田真基)が提供する教育機関向けリアルタイムアンケートシステム “respon(レスポン)” が、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也)の「FUJITSU 文教ソリューション Unified-One 学修支援 CoursePower V2とシステム連携する。

この新サービスは 2019年10月にリリース予定。

responとCoursePower V2のシステム連携の背景

“respon” は、大学等の教育機関向けサービスとして 2015年にサービスを開始。 現在は企業イベントなどにも活用の分野を広げている。

教育機関向け “respon” は、教室の中で教員と学生との双方向コミュニケーションを実現するためのツールとして開発された。

学生は専用のスマホアプリを使って、教員が作成したアンケートに回答。アンケートの集計結果は即座に教室のプロジェクタに投影したり、各学生のスマホで閲覧したり、学生同士で相互評価したりすることが可能。

昨今、注目されている「アクティブラーニング」を実現するツールとして、また、教室内での出席確認のツールとして多くの大学で導入されており、2015年には、eラーニングアワード・アクティブラーニング部門賞を受賞するなど、高く評価されている。

このように、”respon” は「授業中の学び」を活性化する「リアルタイム」に特化したツールだが、その一方で、「授業の事前学習・事後学習」を支援するためのシステムとして、LMS(Learning Management System)を導入している大学も数多くあり、学習資料の共有やレポートの提出、成績管理などを行うことができる。

したがって、”respon” と LMS を併用することで、授業前・授業中・授業後のすべての学習をサポートすることが可能。

レスポンは、教育機関向け “respon” をシステム単体で提供しているほか、LMS のひとつである “manaba” と連携するシステムを提供しているが、今回、富士通(株)の LMS “CoursePower” とシステム連携を行うことにより、同じアカウントで双方のシステムを利用したり、ユーザや授業情報を共有したり、”respon” のアンケートの集計結果を “CoursePower” 等の LMS に取り込んだりすることが可能となる。

富士通は教育・研究・事務・図書館など、大学運営を全学的に支援するソリューションを幅広く提供している ITベンダー。

その長年培った豊富な運用ノウハウから生まれた “CoursePower” は、使いやすさを特長とし、豊富な教育・学修データを蓄積・活用することで、それを情報戦略へと拡大できる学修支援サービス。学生数が数百人規模から数万人規模の大学まで、全学的な教育基盤として採用されている。

“respon” と “CoursePower” のシステム連携は、ユーザや授業情報の共有、アカウントの連携といった一般的なシステム連携はもとより、それぞれのサービスの特長を活かした連携サービスも企画しており、ユーザである教員・学生の「学び」がより豊かになることを目指す。

なお、レスポンは『リアルタイムなコミュニケーションを通じて、驚きと感動を提供する』というポリシーのもと、先日発表された「AI仕分けシステム」といった新技術の開発に加え、他社サービスとの連携強化も計画しており、今回、富士通の “CoursePower” との連携が教育機関向けの第1弾の提携となる。