レノボとみんなのコードと早稲田大学、子どもがプログラミング作品を展示する「Kids Maker Festival」を5月19日に開催

レノボ・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表:David Bennett)は、NPO法人みんなのコード(東京都渋谷区、代表理事:利根川 裕太)と早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所・鷲崎研氏との共催で、2019年5月19日(日)に「Kids Maker Festival」を早稲田大学グリーンコンピューティング・システム研究機構(東京都新宿区)にて開催することを発表した。

「Kids Maker Festival」開催の背景

「Kids Maker Festival」は、Lenovo Foundation(レノボの慈善財団)の活動の一環として、小中学生のSTEM(Science、Technology、Engineering、Mathematics)への興味喚起を目的に、自らがプログラムした作品(ハード・ソフト問わず)を展示し説明するイベント。

従来のコンテスト等とは異なり、作品の優劣を競い合うものではなく、プログラミングが好きな同年代の友達を増やしてもらうための相互交流を狙いとしている。

今回、他者の作品から新たな着想を得たり、自分自身の作品について考えたことを伝え合う経験を通じて、子どもたちが自分の作品を自信をもって発表できるような機会を届けたいとの想いから企画された。

「Kids Maker Festival」開催概要

日時

2019年5月19日(日) 12:00~16:00(受付開始:11:45)※ 出展者は10:30〜17:00。

会場

早稲田大学グリーンコンピューティング・システム研究機構 1F

入場料・参加費用

無料

参加資格

日本在住の小学生・中学生(先着100組) ※ 当日、会場での参加が難しい場合は、作品の概要を口頭または実演で説明したピッチビデオを送っての参加も可能。

主な内容

自らプログラムした作品(ハード・ソフト問わず)を展示し、説明する。他の出展者の作品を見たり、製作者の話を聞いたりして参加者と交流する。

※ 設営準備は、保護者の補助可。 個人・グループどちらの応募も受付ける。

応募方法

以下のpeatixより。子どもたちの安全への配慮のため、参加者(見学者も含む)は、Peatixからの申込者のみに限定する。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録