100カ国同時約885万人が参加し、ギネス記録になっている世界最大の教育イベント「世界一大きな授業2019」4月13日からスタート

「世界一大きな授業」事務局(認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(東京都世田谷区))は、全世界の子どもたちが平等に教育を受けられる事を目指す「世界一大きな授業2019」を、4月13日~6月30日の期間で開催することを発表した。

「世界一大きな授業」に参加することで、世界の教育の問題や動向を自分事として身近にとらえ、改善・解決に向けたアイデア・提言を考えて政府に届けることが出来る。

「世界一大きな授業」とは

現在、戦争・貧困・差別・障がいなどの理由で、世界で学校に通えない子どもは6,400万人、読み書きができない大人が7億5,000万人も存在している。

国連総会では「持続可能な開発目標」(SDGs=Sustainable Development Goals)を2015年9月に採択し、2030年までに世界の全ての子どもが、質の高い就学前教育・初等教育・中等教育を受け、大人の識字率も大幅改善する事を目標として掲げた。

「世界一大きな授業」は、こうした世界の教育の現状や国際動向を学び、自分たちに何が出来るか、世界各国で同時期に考え、声を上げようという地球規模のキャンペーン。

「世界中の子どもに教育を」を合言葉に、2003年にスタートし、世界中のNGOや教職員のネットワークを通じ、毎年100か国以上で一斉開催されている。2008年には、全世界で885万人が参加し、「世界で最も多くの人が参加した授業」としてギネス記録になった。

日本国内でも、583の学校・団体、51,188人が「世界一大きな授業2018」に参加。今年度も2019年4月12日時点で224校・グループ、約20,100名の参加が申し込まれている。

「世界一大きな授業」および教材のねらい

  • 世界の教育の現状について知り、教育の大切さについて考えること。
  • より良い世界のために活動する子どもたちがいることを知り、自分たちに何ができるか考えること。
  • 日本の教育援助の現状を知ること。
  • より良い教育政策の実現に向け、政府に政策提言すること。

「世界一大きな授業」の参加者へのメリット

  • 途上国の教育について学ぶことができる。
  • 世界中で同時に行われる授業に参加できる。
  • 参加型学習(アクティブ・ラーニング)を通じ、楽しみながら「自ら考える力」を身につけられる。
  • 途上国の教育の現状を知ることで、自分が受けている教育を客観視できる。
  • 首相や外務大臣宛に手紙を書き、自分の意見を伝えることができる。

「世界一大きな授業」の実施者(先生役)へのメリット

  • 子どもたちにとって貴重な、国際理解学習の機会を提供できる。
  • 途上国の教育について知る機会となる。
  • 授業用の教材が準備されており、準備の負担が軽減される。
  • 学校のウェブサイトなどに、ニュースとして掲載できる。
  • 地元のメディアに取材してもらい、学校をアピールできる。(取材交渉や対応は各校で対応)
  • 参加型授業(アクティブ・ラーニング)という新しい授業形態を体験することができる。

「先生役」としての参加方法

  1. ウェブサイトの参加申込フォームから参加登録(6月26日まで)
  2. 申込受付メール記載のURLから教材をダウンロードし、教材に目を通して授業の準備をする。
  3. ダウンロードした教材を使って授業を実施(4月13日~6月30日)
  4. ウェブサイトの実施報告フォームから授業内容の報告と授業の画像を提出(7月31日まで)

*画像は後日ウェブサイトやメディアなどに掲載・報道されることがある。

教材について

教材は、参加者の気づきを促す、参加型授業を想定して制作しており、小学校高学年以上を対象としている(小学校低学年以下の児童に実施する場合は、読みがなを振る、用語の意味を補足するなど、教材をアレンジして使用)。

また、英語版のワークシートやスライドも用意している。

授業風景

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録