イマジニア、教育現場向けの幼児英語教材「Gimmick」を2019年4月より発売開始

イマジニア株式会社は、教育現場向けの幼児英語教材「Gimmick」を制作し、2019年4月より発売開始することを発表した。

「Gimmick」開発の背景

文部科学省が発表した新しい学習指導要領により、2020年に小学3年生で外国語活動が必修化され、小学5年生で英語が正式教科となることが決定した。

英語学習の早期化に伴い、幼児教育現場においても英語教育のニーズが高まっている。イマジニアでは、長年にわたるデジタルコンテンツ制作のノウハウを活かして、先生方の英語活動をサポートし、子どもたちが楽しく英語に触れることができる機会を提供すべく、「Gimmick」を開発した。

「Gimmick」概要

「Gimmick」は、幼稚園・保育園等の教育現場向けに作られた、完全オリジナルのDVD教材。

小学校英語指導要領を元に、幼児でも取り組めるよう改編した指導案をベースに、人気絵本作家きむらゆういち氏監修の個性豊かなタッチで描かれたおはなしが特徴。

その他にも歌のDVDやワークシートなど、子どもたちと楽しく英語学習ができるような仕掛け(Gimmick)が各コンテンツの中に散りばめられている。

名称

「Gimmick」

セット内容

DVD10枚/指導案10セット/ワークシート10セット

教材の内容

Story

基礎的な対話表現が登場するストーリーを10作品収録。子どもたちの想像力や発想力を育むため、日本語は一切なく、ストーリーを推測しながらどんな内容だったのか子どもたちが自由に表現できる構成となっている。ストーリーは幼児向け絵本を手掛ける、10人の作家たちによる描き下ろし。全編アニメーションのため、子どもたちを飽きさせない。

Gimmick all

Practice

Storyの中に出てきた表現や単語をキャラクターと一緒に反復しながら、英語と日本語を結び付けていく。付属のワークシートには塗り絵付きのライティング練習シートや、単語絵合わせクイズを収録し、子どもたちが楽しみながら活動に取り組めるよう工夫されている。

Chants

Story, Practiceに出てきた重要な表現を、声を合わせてリズミカルに練習する。リズムに合わせて何度も繰り返すことで自然と英語を話せるようになっていく。また、重要表現はすべて対話表現のため、練習を通して子ども達同士楽しくコミュニケーションを図ることができる。

さらに、Story,Practice,Chantsに登場するフレーズやテーマに沿った英語の歌もDVDに特別収録。子どもたちの大好きな歌を通して英語に触れることで、重要表現が身につくように工夫されている。

Gimmick Chants3

また、上記教材を活用した教育現場での具体的な指導の進め方について、詳しい指導案も同梱してされているので、英語活動の指導に不安がある先生も安心して利用できる。

監修

佐藤久美子氏

玉川大学教職大学院名誉教授。乳幼児の言語獲得・発達研究に従事し、その科学的成果に基づく英語教育を提案している。

きむらゆういち氏

『あらしのよるに』『あかちゃんのあそびえほん』等、多数のロングセラーを手掛ける絵本・童話作家。

導入実績

岡山市北区の「つしま幼稚園」にて2019年4月より導入されている。元々英語活動を行っていたため、子どもたちに英語の素地はあるが、リズムや歌を通してコミュニケーションを取りながら一緒に楽しめる内容であると評価されている。

新学期を前に、監修者の佐藤教授より、同園の先生方への指導方法のレクチャーも実施。