武蔵野大学とインテージホールディングス、「産学連携に関する包括協定書」を締結

株式会社インテージホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚純晃、以下インテージグループ)は4月1日、武蔵野大学(本部:東京都江東区、学長:西本照真)と「産学連携に関する包括協定書」を締結したことを発表した。

「産学連携に関する包括協定書」を締結の背景

武蔵野大学はこの4月にデータサイエンス学部を開設し、ビッグデータとAI技術によりイノベーションを起こすビジネス力を持った人材の育成を目指している。

この提携によりインテージグループは、保有する多種多様なデータや活用の知見を武蔵野大学に提供し、学生が実践的なデータ分析やビジネスに触れる機会をつくり、データサイエンティストの育成に取り組んでいく。加えて、双方が持つ人的・物的資源を活用した共同研究など、産学連携で新しいソリューションを構築することも検討している。

インテージグループとデータサイエンス学部を持つ武蔵野大学との連携は、公立大学横浜市立大学、国立大学法人滋賀大学に続き三校目になる。

今後もインテージグループは、データサイエンス分野や学生教育への貢献にとどまらず、データの利活用におけるイニシアティブを取るために産官学連携を積極的に進め、先端技術の研究・応用による新しい事業の創出を目指していく。