Skyがコンピュータ教室での学習活動をサポートする学習活動ソフトウェア「SKYMENU Pro 2019」を発売予定

Sky株式会社は、コンピュータ教室での学習活動をサポートする学習活動ソフトウェア「SKYMENU Pro 2019」(スカイメニュープロ 2019)を開発、6月に販売を開始する予定と発表した。

「SKYMENU Pro」は、コンピュータ教室において高速で安定したネットワークに接続し、豊富なコンテンツとデータ管理のできる1人1台のコンピュータを活用した主体的な学びと、正解のない課題に向かって対話的・協働的に解決していく新たな学びをめざした学習活動をサポートする。

「SKYMENU Pro 2019」の新機能

「主体的・対話的で深い学び」に、さらに充実した“思考ツール”

SKYMENU Proは「主体的・対話的で深い学び」の実現をめざし、子どもたちが試行錯誤を重ねながら、考えを深めていく学習活動をサポートする。「SKYMENU Pro 2019」では「思考ツール」の充実を図り、自分の考えや調べたことを「シンプルに伝える力」を育む機能などを追加した。

“シンプルに伝える力”を育む「シンプルプレゼン」

写真や文字を使って発表資料となるスライドが作成できる。先生も子どもたちも迷わず使えるツールをめざし、スライドを作成するための必要最低限の機能のみを搭載している。

「SKYMENU Pro 2019」の特徴

スライドに記載できる情報量を制限

設定した情報活用レベルに応じて、スライドに記載できる文字数や写真枚数などを制限する。そのため、子どもたちは自分が発表する内容の中で、どの情報が最も重要なのかを考え取捨選択しながら、発表資料の作成に取り組むことができる。

フローチャートで“プログラミング的思考” を育む「プログラミング」

ドラッグ&ドロップ操作だけでフローチャートが作成できる。作図が簡単なので子どもたちは考えをまとめることに集中でき、何度でも順序や分岐などを考え直せるので、プログラミング的思考の育成に役立つ。

フローチャートを実行して手順を確認し、その内容を記録

フローチャートを「実行」すると、開始記号からフローチャートに沿ってアニメーションで移動する。手順をズームしながら進んでいくので、一つひとつ順を追って確認することができる。また、実行した内容はタイムラインに記録され、後から結果を振り返ることもできる。

「SKYMENU Pro 2019」の主な機能

コンピュータ教室

教員機から学習者機をさまざまにコントロールでき、コンピュータ教室の運用をトータルにサポート。より多くの先生がもっと便利で簡単に使えるようになる。

ユーザ情報

ユーザIDやパスワードなど、ユーザ情報の登録・変更・削除を簡単に行うことができる。一括登録や学習者本人による登録、進級時処理などができ、先生方の負担を軽減。

校内ネットワーク

職員室や普通教室、特別教室など、さまざまな場所に設置されたコンピュータを、離れた場所から確認・操作できる。また、校内ネットワークを安心してお使いいただけるための機能も搭載している。