埼玉県教育委員会がフルノシステムズの無線LANアクセスポイントを導入、3カ年計画で県立高校139校のICT基盤を整備へ

株式会社フルノシステムズ(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:中谷聡志、古野電気㈱関連会社)は、埼玉県の県立高等学校のICT基盤整備において、無線LANアクセスポイント「ACERA(アセラ) 1110」が採用されたと発表した。

埼玉県教育委員会では、2018年度より県内全ての県立高校を対象とする本格的なICT基盤整備に着手している。2020年度までの3カ年で、139校にタブレット端末とプロジェクタ、アクセスポイントを導入する予定。2018年度には、35校で合計525台のACERA 1110を導入されている。

埼玉県ではアクティブ・ラーニングの一種である『協調学習』を取り入れた「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善に取り組んでおり、ICT活用によって生徒たちの自主性を育む教育環境の創出を推進していく方針。

「ACERA1110」導入の背景と目的

埼玉県では、県内全ての県立高校139校にタブレット端末、プロジェクタ、アクセスポイントを整備してICTを活用した授業の基盤整備を進めている。

タブレット端末は各校に44台、プロジェクタは全ての普通教室に設置する。それらを稼働するためのWi-Fi環境を担うアクセスポイントは、各校に15台程度設置する計画。普通教室の廊下に取り付けられ、1台で2教室をカバーする。

授業では、タブレット端末「Chromebook」、共同作業用ツール「G Suite for Education」、教員・生徒間のやりとりを効率化するアプリケーション「Google Classroom」が用いられる。

生徒たちの相互の知識共有などに役立てられ、受け身ではない主体性を持った授業スタイルを創出することが目的である。

2016年度『近未来学校教育創造プロジェクト』での採用実績

埼玉県教育委員会では、2016年度に協調学習をICT活用の面から支えるプロジェクト『近未来学校教育創造プロジェクト』を始動した。

モデル校に選定した県立高校10校に、先行してタブレット端末やアクセスポイントを整備し、ICTを活用した授業の効果を検証。約2年間の検証期間を経て、2018年度から埼玉県内の全ての高校を対象に、ICT基盤整備を始めた。2020年度までに全ての高校139校のICT基盤を整える計画。

フルノシステムズのアクセスポイントは、2年間の検証期間でモデル校10校のICTを活用した授業におけるWi-Fi環境を支えた。

1クラス40人以上が同時接続するタブレット端末の円滑な動作や、アクセスポイントが故障せずに稼働し続けたことが評価され、2018年度に県立高校35校に設置された525台のアクセスポイントに、「ACERA 1110」が採用されている。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録