学研、CAMELが行う「貧困家庭に向け授業映像を無償提供する活動」を教材提供や一部授業の講師派遣で支援

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研エデュケーショナル(東京・品川/代表取締役社長:福住一彦)は、一般社団法人「貧困家庭の子どもの学習・進学を支援する全国運動(CAMEL)」(東京・中野/代表理事:大塚意生、以下CAMEL)が行う「貧困家庭に向け授業映像を無償提供する活動」に、授業映像のカリキュラムおよび学習教材として「中学ニューコース問題集」(学研プラス)を提供するほか、一部の授業映像の講師として社員を派遣する。

当該無料授業映像は、2019年4月9日より公開され、全国の無料塾などを通して配信される。

学研の「貧困家庭に向け授業映像を無償提供する活動」参画の背景

CAMELの活動は、全国の貧困家庭(全世帯の平均的な年間所得の半分を下回る家庭)の子どもたち300万人を対象とした学習・進学支援活動。

今回は、中学生を対象に高校進学をサポートする授業映像を制作し、全国の子どもたちに無料で配信する。授業映像の講師は大学講師や塾講師などのボランティアが務める。

子どもたちは、地域のボランティア塾や無料塾を通じて会員登録し、授業映像とともに教材を使用しながら学習を行う。また、学習到達度管理や週1回のネット通話での学習指導も提供される。

学研グループはSDGsを推進しており、「質の高い教育をみんなに」(ゴール4)を重点目標の一つに掲げる。CAMELとのパートナーシップにより進学塾レベルのeラーニング教材を無料で提供することで、「貧困をなくそう」(ゴール1)についても取り組みが行われることになる。

さらに、各界で成功した著名人からの応援メッセージを映像に取り入れることによって学ぶ意味を示し、「働きがいも経済成長も」(ゴール8)の実現にも寄与する。

提供されるサービスの概要

対象

認定教室が指定した貧困層にあたる中学1年生~中学3年生

内容

授業動画(英語・数学・国語・理科・社会、著名人によるメッセージ)

カリキュラム

中学ニューコース問題集(学研プラス)に準じる。

配布方法

ID、PW付与で受講できるWEBコンテンツ 配信時期:2019年4月9日

費用

完全無料(テキストは実費購入)