江崎グリコのポッキーを使ったプログラミング学習アプリ「GLICODE」、授業用コース・キットの提供開始

江崎グリコ株式会社は、ポッキーを使って、難解に思われがちなプログラミングを小学校低学年からも親しみながら学習できる一般向けに提供しているスマートフォン用アプリケーション「GLICODE(グリコード)」を大学有識者や教育現場の声を踏まえて改修し、授業用コンテンツを追加するとともに、教員向けの学習指導案などを作成し、学校教育での活用に向けたサービスを開始した。

これまでに国内20校以上、シンガポールやタイの小学校でもGLICODEは課外授業に活用されているが、今回、千葉県・柏市立大津ケ丘第一小学校、東京都・墨田区立業平小学校、長野県・箕輪町立箕輪中部小学校の義務教育課程(総合的な学習、算数)でも活用された。

2020年のプログラミング教育必修化に向けて、全国の小学校の先生が簡単にプログラミングの授業を実施できるように、WEBサイトに学習指導案を掲載。併せて、小学校の授業で使用できる学習用ポッキーセットも、先着配布する。

「GLICODE」授業用コンテンツ開発背景

総務省が推進する「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業が始まる等、プログラミングは我が国の成長戦略の1つに掲げられている。

文部科学省でも、技術の進化が飛躍的に進む中、コンピューターを制御する能力の育成が重要と判断し、2020年度より順次施行される学習指導要領(新学習指導要領)では、小学校~高等学校の各学校で「プログラミング教育」が必修化される。小中学校では「全面実施」のため、施行時の学年を問わず、小学生は2020年度から、中学生は2021年度からプログラミングを学習する。

しかしながら、次世代の人材育成を担う教育現場においては、子どもたちにとって理解が難しいこと、教育人材の不足など、プログラミング教育が浸透していないのが現実である。

小学校低学年から、プログラミングの考え方を身につけることで、論理的思考力や問題解決能力が育つと考えられている。

創業以来、子どもたちの健やかな成長を願ってきたグリコは、これらの課題を解決するべく、GLICODEを通じてサポートしていきたいと考え、子どもたちのプログラミング教育の力になるため、おいしいおかしを食べながら楽しく遊び、学ぶことができる無料プログラミングアプリ「GLICODE®(グリコード)」を2016年に開発した。

子どもが大好きな「ポッキー」にプログラミングコードを持たせ、それらをルールに従って並べることでキャラクター(ハグハグ)を動かし、ゴールを目指す仕組みとなっており、手軽に遊びながらプログラミングのロジックを学ぶことができる

GLICODEで学べること

おかしを並べることで「SEQUENCE(順番に実行)」「LOOP(繰り返し)」「IF(場合分け)」「RANDOM(ランダム)」などのプログラミングで必要とされる基礎的な考え方を、一通り学ぶことができる。

柏市教育委員会教育専門アドバイザー 西田 光昭 氏コメント

「グリコ―ド」は、子どもたちが身近なお菓子を使って楽しみながら身近なお菓子を使って楽しみながら身近なお菓子を使って楽しみながら学べる点が魅力的だ。具体物を並べて考えるという活動を通じて、「シーケンス(順次処理)」や「ループ(繰り返し)」といった基本的な概念に触れ、感覚を養うことができる。わかりやすい操作性なので、プログラミングに初めて触れる子はもちろん、既に経験している子も楽しみながら体験することができ、準備段階として低中学年から活用できる可能性がある。

東京学芸大学教育学講座准教授 高橋 純 氏コメント

小学校でのプログラミング教育は次の学習指導要領から新しく盛り込まれる内容なので、まずは学校現場で多様な実践を積むことが重要。「グリコ―ド」のようなプログラミング基礎を手軽に学べるツールを活用して、理論的思考力を育てるプログラミング教育を体験することは、2020年度からの全面実施への備えとしても有効だ。教育との関連では、5年生算数の正多角形の学習はもちろんのこと、その前段階の学習として活用できるのではないか。