中学・高校生向け補助教材を展開するエナジード、WiL,LLCより4.4億円の資金調達を実施

中学・高校生向け補助教材として「次世代型キャリア教育ENAGEED」を展開する株式会社エナジード(本社:東京都品川区 代表取締役:氏家 光謙 以下、エナジード)は、WiL, LLC(米国カリフォルニア州、Co-Founder CEO:伊佐山 元、以下WiL)を引受先とした、4.4億円の第三者割当増資を実施した。

エナジードとWiL,LLCの資金調達の背景

エナジードは、「AIやロボットには代替の効かない、これからの時代に人が求められる力」を全国に展開するというビジョンのもと、2016年より中学・高校生向け「次世代型キャリア教育ENAGEED」の提供を開始し、順調に導入校を増やしてきた。

教育の現場では、2017年に文科省から発表された「大学入学者選抜改革」や、同じく文科省による国際バカロレアの普及促進、教育現場におけるSDGsへの取り組み方など、2020年の教育改革に向け「自ら考え、対処できる力を育む」教育に関心が高まっている。

今回の資金調達を通し、ENAGEEDの国内需要拡大に伴う人員の確保のほか、教材の更なるクオリティの向上、教育現場で利用する先生方へのサポート強化、2015年より試験導入を行ってきた海外での事業展開を行い、日本発・世界中で使われる人材育成教材を目指していく。

国内においては、2020年を前に、大企業との繋がりも強いWiLと連携を図り学校向け・企業向けサービス共に普及を加速させる他、海外展開においても、海外に豊富な知見とネットワークを持つWiLによるサポートのもと、 資金面以外も連携を行うことで事業展開をすすめていく。

中高生向け「次世代型キャリア教育ENAGEED」について

「今、予測されている未来で戦う力」を身につけることを目的とした、7冊のワークシートとムービーを中心とした中高生向け補助教材。全国160校以上の国公私立の中学・高校のほか、学習塾などでも採用されている。これまでの学校教材とは異なり、決められた正解が一切無いことが特徴である。

思考プロセスを示す事例と自身の考えを書き込むワークシートの組み合わせによる学習方式により、「自ら考え、対処できる力を育む」ほか、教科書で取り上げられにくい未来に関するテーマを題材に、自分の未来と社会に対しての課題開発・立案を繰り返すことで「自己肯定感」「社会に対する主体性」「自身の可能性の理解」などといった「自己実現力」を育む。

WiL パートナー 難波 俊充氏コメント

日本が国際的な競争力を高めていく上で、自らの可能性を信じ挑戦ができる起業家精神に溢れた人材を育成することは急務です。エナジードの学校向け教材や企業研修はそのために重要な役割を担うと確信しております。エナジードの掲げる【これからの社会が人に求める力】は、弊社のミッションとも共通する部分が多くあり、その実現に向け共創して参りたいと思います。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録