岩田中学校・高等学校、MetaMoJiのタブレット向け授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」を導入

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)の提供するリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」が、岩田中学校・高等学校(大分県大分市)に導入された。

岩田中学校・高等学校は、2019年度から本格的にiPadによる一人1台環境を実施するために、2018年度から試験運用を開始。

その中で、ICTのメリットであるペーパーレス化や情報共有を実現するツールとして、授業支援システムに「MetaMoJi ClassRoom」が採用された。

ICTを日常的に活用できる環境を築き、教師も生徒も新しい学習活動にチャレンジしていく。

MetaMoJi ClassRoomについて

「MetaMoJi ClassRoom」は、子どもの成長や授業内容にあわせ、シンプルなノート機能から、高度な協働学習まで幅広く柔軟に対応できるリアルタイム授業支援アプリ。

小学生低学年から中高生まで、タブレットを活用したアクティブ・ラーニングを支援する。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録