全国初等教育研究会、第7回JEES教育シンポジウム「カリスマ先生の公開授業で学ぶ『見方・考え方』の育成のポイント」を7月21日に開催

特定非営利活動法人 全国初等教育研究会(東京都豊島区/理事長 堀田龍也、以下 JEES)は、小学校新学習指導要領の全面実施を1年後に控え、カリスマ先生の公開授業を通して教科の「見方・考え方」育成のポイントを学ぶシンポジウムを、7月21日(日)にホテル椿山荘東京にて開催する。

開催7年目となる今回のシンポジウムでは、筑波大学附属小学校の児童も来場し、社会科教育のスペシャリストである佐藤正寿氏と、算数科教育のスペシャリストである盛山隆雄氏による公開授業を行う。

シンポジウム開催の背景

2020年から全面実施される新学習指導要領では、「主体的・対話的で深い学び」を実現する授業実践が求められている。特に各教科の「見方・考え方」が重要なキーワードとなっているが、学校現場では若手教員を中心に具体的な授業づくりに関する不安感も聞かれる。

そこで全国初等教育研究会では、社会科授業のスペシャリストでもある佐藤正寿氏(東北学院大学 文学部教育学科 教授/全国初等教育研究会理事)と、算数科授業のスペシャリストである盛山隆雄氏(筑波大学附属小学校/全国初等教育研究会理事)を講師に招き、実際に児童を相手にした公開授業を通して、特に若手教員に向け新学習指導要領のめざす授業づくりについて解説するシンポジウムを開催することとした。

第7回JEES教育シンポジウム 概要

日時

7月21日(日) 9:30~12:45(受付開始9:00) ※シンポジウム終了後13:00~14:00に「リフレクション第2部(軽食付)」を行う。リフレクションでは質疑応答のほか、参加者同士の交流有り。

場所

ホテル椿山荘東京 バンケット棟5F グランドホール 椿(オリオン)

定員

300名(対象:教育関係者)

費用

1,000円(資料代) ※13:00からの「リフレクション第2部」の参加者は軽食代として別途1,000円

プログラム(抜粋)

公開授業(2時間分)

※筑波大学附属小学校の児童 約30名が参加。社会・算数の授業を連続して行う。

  • [1時間目:社会]第5学年「我が国の食料生産」佐藤正寿 先生(JEES理事/東北学院大学 文学部教育学科 教授)
  • [2時間目:算数]第5学年「整数の性質」盛山隆雄 先生(JEES理事/筑波大学附属小学校 教諭)

授業の解説とリフレクション(第1部)

司会進行

堀田龍也 先生(JEES理事長/東北大学大学院 情報科学研究科 教授)

コメンテーター

藤川大祐 先生(JEES理事/千葉大学 教育学部 教授)

実践者
  • 佐藤正寿 先生(JEES理事/東北学院大学 文学部教育学科 教授)
  • 盛山隆雄 先生(JEES理事/筑波大学附属小学校 教諭)

※この時間内に回答しきれなかった来場者からの質問は、13:00からの「リフレクション第2部(先着70名)」で回答。

公開授業担当講師プロフィール

佐藤正寿(さとう まさとし)先生

特定非営利活動法人 全国初等教育研究会 理事。東北学院大学 文学部教育学科 教授。秋田大学 教育学部卒業。岩手県公立小学校教諭、副校長を経て、2018年4月より東北学院大学 文学部教育学科 教授。教員時代から「地域と日本のよさを伝える授業」をメインテーマにした教材開発や授業づくりで知られる。主な著書に『スペシャリスト直伝! 社会科授業成功の極意』(明治図書)、『社会科重要資料の指導法30選5・6年生』(共著・教育同人社) など。

盛山隆雄(せいやま たかお)先生

特定非営利活動法人 全国初等教育研究会 理事。筑波大学附属小学校 教諭。横浜国立大学大学院 教育学研究科数学教育専攻修了。学習院初等科を経て、筑波大学附属小学校教諭。全国算数授業研究会常任理事、基幹学力研究会副代表、日本数学教育学会研究部幹事、隔月刊誌「算数授業研究」編集委員、教科書「小学算数」(教育出版)編集委員、志の算数教育研究会代表。