城南進学研究社の学童保育『放課後ホームステイE-CAMP』に、楽天「Rakuten Super English Web アプリ」とサインウェーブ「ひとり英会話 for school」の導入決定

城南進学研究社(所在地:神奈川県川崎市・代表取締役:下村勝己)が運営する、英語が学べる新しい学童保育『放課後ホームステイE-CAMP』が、2019年4月に開校する。

その『放課後ホームステイE-CAMP』に、楽天株式会社(所在地:東京都世田谷区、代表取締役:三木谷浩史、以下「楽天」)の総合英語教育サービス「Rakuten Super English」(楽天スーパーイングリッシュ)と、その学習コンテンツとして楽天が開発した英単語学習アプリ「Rakuten Super English Web アプリ」を導入することが決定した。

さらに、株式会社サインウェーブ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:赤池雅光)の英語学習アプリ「ひとり英会話 for school」も導入。子どもはアプリを通してゲーム感覚で楽しく学び、効果的に英語4技能(聞く・読む・話す・書く)を身につけていくことができる。

「Rakuten Super English Web アプリ」とは

英単語の学習は単調になりがちだが、ゲーム感覚で学べるオリジナルアプリを使用することで、楽しく学ぶことができる。

文部科学省指定の検定教科書に沿って幅広くカバーされているので学校の授業にも応じている。

選択式の英単語リスニング問題、入力式のスペル打ち問題に加え、予習復習機能も搭載しており、Gamification(ゲーミフィケーション)のコンセプトに基づき、ゲーム感覚で楽しく学習できるように設計されている。

学習を進めると、タイムや正答率に応じてコインやトロフィーを獲得、自分だけのアバターも作ることができるため子どものモチベーションが上がる設計。

「ひとり英会話 for school」とは

AI(人工知能)と英語で楽しくおしゃべりをする小学生のための英会話学習アプリ。

「ひとり英会話for school」は、発音演習をするたびにAIが瞬時に採点・評価。苦手な発音、苦手なフレーズをAIが教えてくれる。また、子どもの学習状況に応じて内容をカスタマイズできるので効率的に学習を進めることができる。

「放課後ホームステイE-CAMP(イーキャンプ)」とは

『放課後ホームステイE-CAMP(イーキャンプ)』は、独自の英語プログラムを開発。

「E-TASK(イータスク)」で工作・歌・ゲーム・グループディスカッションなどの遊びやものづくりに、すべて英語で取り組み、米国生まれの英語スクール『Zoo-phonics Academy(ズー・フォニックス・アカデミー)』の授業を週1回受けることができる。さらに、城南進学研究社が監修したWEB学習システム「デキタス」を、E-CAMPでも自宅でも利用可能。

対象学年

小学生

開館日

月~金(祝日を除く)

利用時間

13:30~19:00(有料にて最大20:00まで可能)

入会金

30.000円

月謝

33.500円(週2日)/46.500円(週3日)/57.000円(週4日)/66.000円(週5日)

※月謝には、施設・保険料(月額2.500円)、おやつ代、ズー・フォニックス・アカデミーのレッスンが週1回及びWEB学習システム「デキタス」、Rakuten Super English、ひとり英会話 for schoolの利用が含まれる。料金は全て税抜表示。

初回教材費

19.000円